女優大地真央の宝塚での人気は?相手役の黒木瞳との仲も調べた!

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク
%e5%a4%a7%e5%9c%b0%e7%9c%9f%e5%a4%ae2
Pocket

女優として活躍している大地真央さん。

「1周回って知らない話」に出演します。

大地真央さんといえば、元タカラジェンヌ。

月組男役トップスターとして活躍していました。

でも、当時の宝塚での大地真央さんってどうだったの?

相手役のトップスター黒木瞳さんとは名コンビだったそうなのですが、詳しく知りたいですね。

宝塚時代の大地真央さんのことを調べてみました。

 

大地真央さんの宝塚時代のこと

まずは大地真央さんのプロフィールから。

%e5%a4%a7%e5%9c%b0%e7%9c%9f%e5%a4%ae2

出典:http://matome.naver.jp/

本名:森田真裕美(もりたまゆみ)
生年月日:1956年2月5日(60歳)
身長:166cm
血液型:B型
出身地:兵庫県洲本市
職業:女優
活動期間:1973年~

 

1971年 宝塚音楽学校へ入学(15歳)

1973年 宝塚歌劇団に入団(17歳)

1974年 月組に配属

1982年 月組トップスターに就任(入団9年目、26歳)

1985年 宝塚歌劇団を退団(トップスターとしては3年間、在団12年、29歳)

 

宝塚歌劇団入団のきっかけは、中学時代に舞台に立った経験が面白かったことで、芸能界に興味を持ったことから。

父親に反対されるも、「宝塚歌劇団」は規律が厳しいことで当時でも有名だったことで入団を許可したといいます。

ちなみに父親は軍事関係のお仕事をしていたそうですよ。

宝塚の規律も軍隊並みに厳しいと思ってOKしたということだったようです。

宝塚受験のレッスンを受け、受験結果は一発合格。

成績は49人中42番目でした。

1971年に宝塚音楽学校へ入学し、2年間舞台の知識を学びました。

1973年に星組公演「花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク」で初舞台を踏みます。

1974年に月組に配属され、早くから注目される存在でした。

在団中のタカラジェンヌとしては珍しいラジオ番組のアシスタントを務めたり、19歳でアイドルとしてレコードデビューもするなど異例な扱いを受けていました。

1982年「あしびきの山の雫」で相手役に入団1年目の黒木瞳さんを指名します。

黒木瞳さんの舞台度胸のある立ち振る舞いを見抜いての抜擢でした。

その後、月組トップスターに就任となります。入団9年目のことでした。

トップスターになってからも相手役は黒木瞳さんを指名して退団まで名コンビとして宝塚の人気コンビとなりました。

真田丸吉田太夫役の中島亜梨沙の宝塚出演作は?経歴や性格も調べた!

大地真央さんの宝塚での人気は?

スポンサーリンク

1985年「二都物語/ヒートウェーブ」で相手役の黒木瞳さんと共に退団。

大地・黒木コンビの舞台は人気を博していました。

とにかく大地真央さんの斬新な舞台が面白く、1984年公演の「ガイズ&ドールズ」大地真央さんが自ら企画を持ち込んだという舞台でした。

ブロードウェイで人気の舞台をリサーチして、そして初演として本場のミュージカルを日本に持ち込む大地真央さんの力、すごいです。

「ガイズ&ドールズ」も大地真央さんの男役としての魅力が存分に発揮できる舞台として大好評でした。

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%82%ba%ef%bc%86%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ba

出典:http://topicks.jp/

今現在、宝塚でも2度に渡って再演をされている人気作となっているんですね。

これも大地真央さんのおかげなんです!

女優で元男役トップスターの真矢みきさんは大地真央さんの大ファン。家の前で待ってファンレターを渡すほどだったそうです。

大地真央さんの舞台の人気に拍車をかけていたのが相手役である黒木瞳さんの存在。

大地真央さんに迫るほどの人気で、トップスターと同時に娘役も退団ということも当時としては珍しかったようです。

体育会系とまではいかなくても、宝塚では先輩後輩の序列が厳しいことで有名。

大地真央さんと黒木瞳さんは学年が5年も離れているんですね。

これはタカラジェンヌの後輩にとっては雲の上の存在くらい話したりするのも難しい年数です。

では、名コンビと言われた二人の仲はどうだったんでしょうか?

ドラマ死幣の女性監察官の茅原伊織役の柚希礼音の経歴や出演作も調べた!

名コンビと言われた黒木瞳さんとの仲は?

黒木瞳さんは、大地真央さんよりも学年が5年下になります。

%e9%bb%92%e6%9c%a8%e7%9e%b3

出典:http://topicks.jp/

本名:伊知地 昭子(いちじ しょうこ)
生年月日:1960年10月5日(55歳)
身長:163cm
血液型:A型
出身地:福岡県八女市
職業:女優
活動期間:1981年~

1981年の初舞台から2年目で娘役トップスターに就任しました。

これは早いですよ。

現在でも早くて3年目でトップになる娘役はいますが、2年は早い!

在団中のタカラジェンヌとして朝のテレビ番組「おはよう朝日です、土曜日です」にレギュラー出演

東宝映画「南十字星」に出演するなど、黒木瞳さんも注目の存在でした。

そんな彼女を大地真央さんが「度胸のある子」と認めてトップスター就任にあたり相手役に抜擢したといいます。

そして、二人は仲が良いんですね。

年功序列の宝塚で黒木瞳さんが先輩に泣かされてしまったのを見た大地真央さんが黒木さんをドライブに誘って癒してあげたというエピソードがあります。

稽古場ではわざと黒木瞳さんを大きな声で叱って他の子が黒木さんに手を出さないようにしていたそうなんです。

トップスターの大地真央さんが叱っているんだから、他の人は口を出す隙をなくしたということ。

それにしても黒木瞳さんはいじめられるくらいに目立つ存在だったんでしょうね、大地さん優しいです!

宝塚を退団するときも一番に黒木瞳さんに報告したといいます。

とにかく二人の信頼は厚いものだったようで、それが舞台でも現れていたんでしょうね。

人気があるということは、その人の実力が良い舞台として表れるということですから、この名コンビの力は大きなものだったでしょうね。

3年間という現在では平均的なトップスター就任期間でしたが、ファンにとっては短い期間だったんだろうと察しますよ。

人気絶頂だった当時の大地・黒木名コンビの宝塚での公演を観に行ったことのある方、羨ましいです!

おんな城主直虎の出演者花總まりの経歴や性格は?ライブ情報もあり

まとめ

%e5%a4%a7%e5%9c%b0%e7%9c%9f%e5%a4%ae%e3%81%a8%e9%bb%92%e6%9c%a8%e7%9e%b3

出典:http://ticketcamp.net/

・大地真央さんの宝塚時代は黒木瞳さんとコンビを組んだことで、大きな人気となっていました。

・大地真央さんがトップになるときに黒木瞳さんを指名するくらいに二人は仲が良いコンビでした。

良い舞台が出来上がるには共演者の信頼関係も大切です。

当時から後輩である黒木瞳さんにも分け隔てなく接してきた大地真央さんの懐の広さが良い舞台を創ってきたんだなと思いましたよ。

宝塚名コンビの現役の舞台が今は観れないことが惜しいですねー。

今でも舞台や映画、ドラマで活躍する大地真央さんと黒木瞳さんですが、共演があまりないんですよね。

二人の舞台共演があったら観てみたいですね!

Pocket

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 朱門みず穂
  2. 佐藤玲
  3. 中島亜梨沙
  4. 柚希礼音
  5. %e4%bc%8a%e5%8b%a2%e4%bd%b3%e4%b8%96
  6. AnJu
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【 ドラマ 】 地味にスゴイ!校閲ガール

【 ドラマ 】  地味にスゴイ!校閲ガール

ドラマのあらすじ・キャスト・原作ネタバレも!