anderlust越野アンナの父親は誰?経歴や家族のことも調べてみた

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク
越野アンナ
Pocket

今年3月にデビューしたanderlust(アンダーラスト)は、

シンガーソングライター越野アンナベーシスト西塚真吾による男女2人組ユニット

デビュー曲「帰り道」は、多部未華子主演映画「あやしい彼女」の主題歌でした。anderlust音楽プロデュースはミスターチルドレンでお馴染みの小林武史さんが担当しています。

なんとそのプロデューサーである小林武史さんはボーカル越野アンナさんの娘というウワサがあるのです。そして彼女は歌手になるべくしてなったのかというくらい環境が良いんです!いろいろ調べてみました!

 

越野アンナ プロフィール

越野アンナ出典http://actresspress.com/

  • 生年月日:1996年7月30日
    出身地:神奈川県川崎市(アメリカ・イリノイ育ち)
    職業:シンガーソングライター
    活動期間:2016年3月~
  • ボーカル・ギター担当

とっさに出てくる言葉は日本語よりも英語のため、作詞スタイルは、最初に英語で詞を書いてから行っている。

アメリカで暮らしていた時に聞いた洋楽の影響で、歌詞は洋楽のような表現が自然に出てくるのだそう。

音楽のルーツは、ブラー、ジャミロクワイ、オアシス、ビートルズを挙げている。日本人アーティストでは、椎名林檎を挙げている。

ミュージシャンを目指すきっかけは、12、3歳の頃に自分で編曲をした曲を友人に聞かせたところ、とても感動してくれたことから。

 

anderlust 経歴

アンダーラスト

ディスコグラフィー

  • 2016年3月30日 シングル「帰り道」発売(2016年4月公開映画「あやしい彼女」主題歌)
  • 2016年8月24日 「CD」(収録曲1.いつかの自分 2.明日、春が来たら〈カバー〉 3.Swallowtail Butterfly~あいのうた〈カバー〉)
  • 「いつかの自分」「明日、春が来たら」は2016年7月より放送のアニメ「バッテリー」のオープニング・エンディング曲として使用されている。

2014年 女性ファッション雑誌「NYLON JAPAN」とソニーミュージックによって開催されたオーディション「JAM」のミュージックパフォーマンス部門で、越野アンナがNYLON賞を受賞

この時の受賞理由は、日本人離れしたメロディセンスと卓越した歌唱力を高く評価されての受賞であった。

すでに音楽活動をしていた西塚真吾とライブを通じて知り合い、ユニットを結成

このオーディションの受賞をきっかけに小林武史がプロデューサーとして、anderlustを手かけることとなった。

ユニット名の由来は、

【 wanderlust(ワンダーラスト):抑えきれない旅への衝動 】という言葉から「W」を抜いた言葉

 

【 anderlust(アンダーラスト)】とは、

今の時代を生きる二人の若者が自らの人生の旅路を歩む中で、各々が思い描く自由への渇望や欲求

という意味が込められている。

 

音楽プロデューサーの小林武史のこと

スポンサーリンク

  • 本名:小林武(こばやしたけし)
  • 生年月日:1959年6月7日(57歳)
  • 職業:音楽プロデューサー キーボーディスト
  • 活動期間:1980年~

 

  • 歌手 杏里への楽曲提供で作曲家デビュー
  • キーボーディストとしては、井上陽水、坂本龍一、大貫妙子などのライブへ参加
  • 桑田佳祐のソロシングルのアレンジャー、サザンオールスターズの編曲も手がける
  • 音楽プロデューサーとしては、大貫妙子、渡辺美里、小泉今日子などを手がける
  • 1991年 小泉今日子の唯一のミリオンセラー曲「あなたに会えてよかった」で第33回日本レコード大賞編曲賞を受賞。
  • 1995年 ボーカルAKKOとギタリスト藤井謙二の「MY LITTLE LOVER」をプロデュースし、デビューさせる
  • 1996年 岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」で音楽監督を務め、映画の中の架空バンド「YEN TOWN BAND」の楽曲「Swallowtail Butterfly~あいのうた」がヒット
  • 1996年 My Litlle Lover の akko と結婚するも、2008年離婚を発表

小林武史さんと歌手akkoさんの間には娘が二人います。姉妹とも幼少時代はアメリカで過ごしたため英語が堪能です!

長女にあたるのが越野アンナさんになります。

アンナさんのは2016年5月に歌手HARUHI(はるひ)としてデビューしています。

映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌「ひずみ」を歌っています。こちらも父親である小林武史さんがプロデュースをしています。

妹HARUHIさんの歌声は母であるakkoに似ていますね。伸びやかな裏声寸前のハイトーンボイス、気持ちの良い歌声です。

新人なので荒削りなんていわれますが、そこが彼女の魅力だと思います。新鮮な歌声は今しか聞くことができないのでね。完成されていない美しさが彼女にはあると思います。

越野アンナは音楽一家

父は音楽プロデューサーの小林武史、母は歌手のakko、妹は2016年5月にデビューしたばかりのHARUHI と音楽の才能が開花しまくりの家族です。

2008年に両親は離婚しますが、父 小林武史は、母 akko が現在も活動を続けている「My Litlle Lover」の楽曲プロデュースをしています。

My Litlle Loverデビュー13周年ライブのアンコールのステージに小林が登場するなど良好な関係を築いています。

父 小林は現在は独身ですが、母 akko は2014年に一般男性と再婚しています。

20年前に小林がプロデュースした楽曲「Swallowtail Butterfly~あいのうた」をanderlustがカバーしています。(2016年8月24日発売)

 

父親にプロデュースされるということで、外野はコネだ、親の七光りだと言われると思いますが、それは anderlust を知らないから言う人の意見ですので全く意味を持ちませんよ。彼女は実力をしっかり持っています。

越野アンナさんの歌声の印象は、透明な歌声という言葉がぴったりです。はっきりと歌詞の聞き取れる声で歌う、耳馴染みのいい声です。

妹HARUHIさんは母akkoさんを思い出しますが、彼女はそんなことはないと感じました。

歌も上手い!洋楽が好きということですので、その影響はどこで開花するのか期待です。

現在はオリジナル曲が2曲、カバー曲が2曲のみの発表なのでこれからが楽しみです!

 

まとめ

アンダーラスト2

・越野アンナさんの父親は自身のユニット anderlust の音楽プロデューサーである小林武史さんでした。

・母は歌手のakko、妹は歌手デビューをしたばかりのHARIHIと越野アンナさんは音楽一家として育ったんですね。

両親が音楽業界で有名であることをプラスにできる、越野アンナさんの実力十分な歌声、これから聞く機会が増える予感です!

Pocket

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. レディオフィッシュ
  2. アンダーラスト
  3. %e5%ae%87%e5%a4%9a%e7%94%b0%e3%83%92%e3%82%ab%e3%83%abfantome%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1
  4. ap bank fes2016ロゴ
  5. 當山みれい6
  6. %e3%83%94%e3%82%b3%e5%a4%aa%e9%83%8e%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%9a%e3%83%b3
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【 ドラマ 】 地味にスゴイ!校閲ガール

【 ドラマ 】  地味にスゴイ!校閲ガール

ドラマのあらすじ・キャスト・原作ネタバレも!