料理研究家の土井善晴の経歴や性格は?父親も料理人だけどどんな人?

料理研究家の土井善晴さん、柔らかい口調で料理をする姿がとてもほっこりします^^

土井善晴さんは、お父さんも料理人なんですがどんな人?

料理番組でも楽しく料理しているのでついつい見てしまいます!

主婦の味方!料理研究家 土井善晴さんについてまとめました。

 

土井善晴さんの経歴は?

まずは、土井善晴さんのプロフィールを紹介です!


出典:https://www.kyounoryouri.jp/

  • 本名:土井善晴(どいよしはる)
  • 生年月日:1957年2月8日
  • 出身地:大阪府
  • 特技:フランス語
  • 職業:料理研究家、フードプロデューサー

 

経歴

家庭料理の第一人者であった土井勝さんの次男として誕生します。

大阪の明星高等学校を経て、芦屋大学教育学部産業教育学科を卒業。

その後、スイス・フランスでフランス料理を学び、大阪の「味吉兆」で日本料理を修業。

1992年 「土井善晴おいしいもの研究所」を設立します。

 

スポンサーリンク

土井善晴さんはどんな人?

父親譲りの丁寧で上品な話し方(柔らかな関西のイントネーション!)が特徴で、「きょうの料理」で人気料理研究家として活躍されています。

NHKアナウンサー後藤繁榮さんとの絶妙な掛け合いも人気ですね^^

朗らかな話し方でテキパキと料理する姿、そして説得力のある調理法は見ていて感心します!

料理は何より愛情を込めることというメッセージの詰まった料理は見習うことばかりです。

フランス料理と日本料理のいいとこ取りのようなレシピは、簡単でいて基本はしっかり押さえているという芯の通った料理が出来上がるので不思議です。

最近は時短料理なんてあるけども土井さんのレシピには深い美味しさが加わるんです。

 

NHKの番組「チョイ住み」でキューバに数週間だけ一緒に暮らした俳優の野村周平さんは、土井善晴さんのことを

「少年のような大人」と言っていました。

キューバの食材の調達ではしゃぐ土井善晴さんを見てそう思ったそうです(笑)

大きな肉の塊を見てテンションの上がった土井善晴さん、

キューバの市場で売っている「冷蔵庫に入っていない肉」のプルプル感に感動したんだそうです!

さすが料理研究家ですね!食材への愛が伝わりますw

 

土井善晴さんのお父さんはどんな人?

土井勝
出典:https://citydiver.net/

土井善晴さんの父親土井勝さんは家庭料理』研究家の第一人者でした。

主婦が簡単に作れる料理を数多く紹介し、「おふくろの味」は当時の流行語になりました。

1953年のテレビ放映開始時に「きょうの料理」や「おかずのクッキング」などの料理番組に出演した料理人でした。

現在の「関西割烹学院」の母体となる「土井勝料理学校」を設立させました。

上品な関西のイントネーションでの話し方は、土井善晴さんが受け継いでいるようですね^^

さらに「おかずクッキング」の司会は現在は土井善晴さんが継いでいます。

 

 

>>「スプレッタブル」はバターより美味しい?成分とカロリーやアレンジ料理は?

 

まとめ

・土井善晴さんはフランス料理も日本料理も家庭料理もお手の物の料理研究家です。

・父親の土井勝さんは関西の料理研究の第一人者で、「おふくろの味」は当時の流行語になりました。

土井善晴さんの人柄から生まれる料理は、愛情を込めるとさらに美味しくなるという料理です。

土井善晴さんの言葉に主婦は救われています!これからも素敵な料理とメッセージを届けてほしいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください