スギヒノキ花粉2018年はいつから飛ぶ?症状が出てもできる対策は?

この記事は2分で読めます

Pocket
LINEで送る

2018年、花粉が気になる季節になってきましたね^^;

今年の花粉はいつから飛ぶの?去年より多い・少ない?

ピーク時期花粉症になってからも効果のある対策もまとめてみました!

スポンサーリンク

2018年スギ・ヒノキ花粉の飛散はいつから?

花粉の飛散予測は、前の年の夏頃の気象が大きく関わってきます。

花粉が多く飛ぶと予測される気候として、気温が高い、日照時間が多い、雨が少ないことが挙げられます。

2017年の夏は、、、どうだったでしょうか??

当てはまるような、そうでもないような、、、

 

では、花粉の飛散予測を見てみましょう。

まずは、スギ花粉から。

一番早くスギ花粉が飛び始めるのは、九州福岡の2月下旬という予測です。

ここから4月下旬までスギ花粉・ヒノキ花粉と飛散が続きます。

 

【スギ花粉のピーク】

福岡:2月下旬

広島、大阪、名古屋:3月の上旬から中旬

金沢、仙台:3月中旬から下旬

東京:3月上旬から4月上旬

東京の花粉の飛ぶ期間が約1ヶ月と全国で一番長いです。

これは辛い、、、ですが予測なのでまだ確定はしてません。関東の方あまり気を落とさないでください^^;

 

そして、スギ花粉が終わると、間もなくヒノキ花粉が飛散し始めます。

【ヒノキ花粉のピーク】

九州福岡:3月下旬から4月中旬

広島:4月上旬

大阪、名古屋、東京:4月上旬から中旬

金沢、仙台:少ないという予想でピークはなし

 

花粉の飛散時期のまとめ

花粉の飛散の時期は、平年並となっています。

早くもなく、遅くもなくという感じですので、気候が暖かくなってきたなと感じたら慌てずに花粉症対策をしていきましょう。

スウィッチェルの美容効果や飲み方は?購入方法や手作りレシピも!

 

2018年の花粉は多い・少ない?ピーク時までの対策は?

スポンサーリンク

地域ごとに2018年の花粉の量の予測を見ていってみましょう。

2017年と比べてみます。

【前年と比較】

東北:非常に多い

関東・甲信:多い

北陸:やや多い

東海:やや多い

近畿:やや多い

中国:前年と同じ

四国:多い

九州:やや少ない

 

2017年は花粉の量も平年並か少なかったことで、前年と比較というと「多い」という言葉になってきます。

2018年は「花粉が多い」という言葉が目立つのでちょっと焦りますね^^;

ですが、例年の平均値と比べると、「平年並み」「やや少ない」という予測になっています。

 

花粉の量まとめ

2018年の花粉の量は、平年並ですが去年よりも多めと予測されます。

ポーポー軟膏の効果や安全性は?日本で購入方法や値段も調べた!

 

花粉症になってもすぐにできる対策!

花粉症予防には、マスク、家に花粉を持ち込まない、食事療法など色々とありますが花粉症になってしまってからもできる対処方法があります。

それは、「飲むレンコン」で花粉症の症状を緩和すること!

 

レンコンを生のまま擦って、普段飲むドリンクに入れるだけでOK!

レンコンは味にクセがないので、飲みにくいということはありません。

さらに効果があるのが、レンコンの絞り汁を鼻の粘膜に塗るという方法!

擦ったレンコンをガーゼにくるんで絞れば、レンコン汁ができあがり!綿棒で鼻の粘膜に塗れば花粉症の症状が和らぐ効果があります。

 

詳しくはこちらの記事にまとめました!一度試して見て下さい!

花粉症に効く「飲むレンコン」の作り方は?簡単で効果のある予防法も!

 

まとめ

今年のスギ・ヒノキ花粉は、九州で2月下旬から飛び始めます。飛散時期は早くもなく遅くもなく平年並です。

花粉の飛ぶ量は、去年より多めですが、平年にすると平年並みか少なめという予測です。

花粉症の症状が出てからも「飲むレンコン」で症状の緩和が期待されます。根気良く続けてみてください!オススメです!

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ジブリパークができる場所は?

ジブリパークができる場所は?

ジブリパークってどんなところ?
施設の内容をチェック!

リメンバーミーの子役の声優は誰?

リメンバーミーの子役の声優は誰?

ミゲル役の石橋陽彩くんはどんな子?

【日焼け止め】2018新作!

【日焼け止め】2018新作!

使い心地や口コミは?
コスパもチェック!!

市販の「冷やし中華」どこが美味しい?

市販の「冷やし中華」どこが美味しい?