神戸の世界一のクリスマスツリーが批判される理由は何?海外と比較も!

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

2017年12月に神戸のメリケンパークに「世界一のクリスマスツリー」が登場します。

あのアメリカの有名な「ロックフェラーセンター」のクリスマスツリーを超える高さなんだそう!

だけどあまり歓迎されてない??その理由は?

海外では大きなクリスマスツリーってどう扱っているんでしょうか。批判されてるの?

神戸の世界一のクリスマスツリーについて調べてみました!

スポンサーリンク

世界一のクリスマスツリーのある場所は?

http://www.soratree.jp

何がって、もちろん全長が、ってことです、

高さが世界一!

 

有名なアメリカ

ロックフェラーセンターのクリスマスツリーよりも高いというのが特徴です。

 

世界一のクリスマスツリー高さは30メートル!

重さは40トンもあるんだとか。

 

その「世界一のクリスマスツリー」は

 

兵庫県神戸市にある

メリケンパークに登場します。

 

ツリーの飾られる期間は

2017年12月2日~2017年12月26日まで。

 

クリスマス期間に見ることができます。

昼間は、イベントが開催されたり

夜間はライトアップ!

という、クリスマス期間はクリスマスツリーの周りで楽しいイベントが満載なようです。

 

 

世界一のクリスマスツリーが批判されるのは何故?

スポンサーリンク

それは、生木を掘り起こして神戸まで運んだことから始まりました。

樹齢150年の「あすなろの木」は、富山県で発見!

自然に生えていた木をクリスマスツリーにするために掘り起こして、神戸まで運びました。

新幹線なども使う大掛かりな作業でした。

 

ここまで知って、何tも思わない方もいると思いますが

環境問題に敏感な方ならちょっとおかしいなと思っていると思います。

 

『自然の中で育った樹木を人の都合で掘り起こして鑑賞しよう!』

というような感じで伝わっているようねすね。

 

これはごもっともな意見です。

そのまま自然の中で自然に暮らしていたかったんでしょうが、なぜだか見つかって掘り起こされて大勢の目の前でお披露目って、ちょっと辛い、、、。

 

しかも、クリスマスが終わると「あすなろメモリアルバングル」として丸く削られ、「木の球」をゴムバンドにくっつけて販売します。

出典:http://news.livedoor.com/

自然の木って、静電気防止になるんですよね、って言ってる場合じゃなく^^;

 

人の都合で兵庫県神戸市まで連れてこられたのに、役目が終わると小さく加工されて配られていくという、悲しい結末。

HPには「寿命を終えた特別な樹木」を「あすなろメモリアルバングル」にすると書いてあります。

寿命は、おそらくメリケンパークに来なければもっと長かったのは間違いないですよね。

、、、これは批判されるのは理解できました。

 

だけど、どでかいクリスマスツリーって海外では定番ですよね。

立派な木ですし、クリスマスは日本より本質を分かってやっているはずなので、作り物の木ではないと思います。

わざわざどこかから切ってくるの?

海外事情はどんな感じなんでしょう。

【神戸世界一のクリスマスツリー】おすすめ写真スポットとアクセス方法は?

 

海外のクリスマスツリー事情は?

クリスマスツリーで有名なのは、ロックフェラーセンターですよね。

こちらも生木のクリスマスツリーです。

ロックフェラーセンターのクリスマスツリーは、お役目が終わると建築資材としてリサイクルされます。

ロックフェラーセンターのクリスマスツリーは、クリスマスだけの限定もみの木なんですね。

 

アメリカでは、クリスマスツリーを専門に売るという商売があります。

テイラー・スウィフトは、幼少期にクリスマスツリー農場で過ごしたことがあるとのこと。アメリカにはクリスマスツリー専用の農場があるっていうことをテイラー・スウィフトの生い立ちで知りました。

なので、海外では切ってきたもみの木をクリスマスツリーにするのは当たり前。

そして、その後は、木材として余すことなくリサイクル!

 

日本であんなに批判が出るのは、今まで生木をクリスマスツリーにするってことがなかったからなのかなと思います。

そう考えると、七夕では生の竹を切って飾るので何が違うんだろうって感じですね。

 

だからって、人の都合に合わせて木を切り倒すって行為はあまり良い印象にはありません。

今回の批判が殺到したことも踏まえいて、うまく折り合いのつくやり方ってないのかなと思ってしまいました。

 

日本ももうしっかりと「クリスマス」が浸透しているんで、クリスマスツリー専門の業者がもっとメジャーになればいいのかもですね。

植木を扱うお店などが、こういうイベント用に取り扱う大きなもみの木を育てて売るとこの先、需要があるかもしれないですよ!

 

手作りクリスマススイーツの作り方!

マシュマロスイーツ「マシュディ」の作り方は?簡単レシピ本の発売日も!

 

まとめ

出典:http://www.soratree.jp

神戸の世界一のクリスマスツリーは、樹齢150年のあすなろの木を、神戸まで運んで移殖したことが「木が可哀想」と批判が起こりました。

生木のクリスマスツリーは海外では普通にあることで、クリスマスツリー専門の業者も存在します。クリスマスが終わるとリサイクルされています。

クリスマスツリーの点灯式は、毎年話題になりますがまだ「世界一」のクリスマスツリーに点灯した人はいないですよね。

まだギネス未判定なので、クリスマスツリー世界一になるのはこれからのようです。

自然を大切に、と叫ばれていますが今回の「世界一のクリスマスツリー」は、このことを取り上げられてばかりでタイミングが悪かったのかなという印象です。

木材の伐採は、私達の資源になるものです。工夫して廃材にしないよう無駄に木を使う印象がなくなればいいんじゃないかなと思いました。

メリケンパークの「世界一のクリスマスツリー」、見に行く機会があるかたは是非このことを思い出してみてください。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イケア長久手の混雑状況は?

イケア長久手の混雑状況は?

2017年10月オープン!
買い物する時に知っておくと良いことは何?

リップクリーム2017おすすめを紹介!

リップクリーム2017おすすめを紹介!

コスパ、保湿、長持ちするのはどれ?

2017コンビニの中華まんのおすすめは?

2017コンビニの中華まんのおすすめは?

2017年コンビニおでんを比較!

2017年コンビニおでんを比較!

セブンイレブン、ローソン、ファミマ!
美味しい具材はどれ?

封神演義が再アニメ化!初代キャストまとめ!

封神演義が再アニメ化!初代キャストまとめ!