猫が交通安全動画をガン見する理由は何故?内容や効果はあるの?

2月22日は「2」=「にゃん」で猫の日

猫の日にちなんで、車用品専門店イエローハットが全国のネコに向けて「交通安全動画」を作りました。

その名も「全国交通にゃん全運動」動画!

ネコ専用の動画になっているんですが、ほぼ全ネコがガン見する視聴率の高さ!

ネコ専用の交通安全動画を猫たちがガン見してしまう理由や効果のほどをまとめました!

 

猫のための「交通安全動画」をガン見する理由は?

この猫専用の「交通安全動画」は、動物心理学を専門に研究するチームが作ったもの。

動画のBGMで流れているのは、猫が聴きわけることができる音域【60Hertz~100Hertz】を使っています。

そしてネズミとコミュニケーションをしているように錯覚するサイン波効果音入!

この猫にしか聴こえない音が猫たちがガン見する理由です!

 

猫を飼っている人なら時々、猫があらぬ方向をじっと見つめているという状況に出くわすことがありませんか?

飼い主としては見えないものを見ているようで、ちょっと怖いんですが^^;この行動も猫が人間には聞こえない音を聞き分けている状況の一つと言われています。

>>飼い猫のマダニ感染の初期症状や死亡する確率は?病状の判断や予防法も!

猫が聞こえる音を流すBGM以外にも猫専用の「交通安全動画」では、猫が見てくれるような工夫がたくさん!

画面の中で黒い蝶々がヒラヒラと飛んでいます。これも猫がガン見する理由!

思わず目で追いかけたくなる猫の習性を利用して画面に集中させる工夫をしています。

この猫の行動、NHK Eテレの「ねこねこゴーゴー」で「平井さんと猫」という歌をご存知なら納得しませんか?^^

天気予報士の平井さんが持っている指示棒の先の黒い玉を追いかける猫の姿に「あるある」とうなずくしかないですよね(笑)

 

スポンサーリンク

猫専用「交通安全動画」の内容や効果はある?

イエローハットさんが「猫の交通安全動画」を作った理由は、猫の死亡事故をなくすため!

2018年、猫が怪我をして保護された件数は、約1万2000頭!犬のケース816頭よりも飛び抜けて多い数です。

この中で交通事故によって怪我をした猫はかなり多くいます。

 

猫の「交通安全動画」の内容は、

昼間、猫たちが行き来する道路には危険がいっぱい!

●昼間に車の多く走る道への飛び出し禁止

 

夜行性の猫は、暗い時間は活発に動き回ることが多いけど注意!

●夜間、車のライトに反応して飛び出さないで!

という簡単な内容になっていました。

 

とってもわかりやす動画ですが、見た猫が交通安全を心がけるかというと、、、効果のほどはわかりません。

じっとガン見しているところを見ると、気にしてくれているとも思えてきます。

実際に、猫は人の言葉や真意を理解しているような行動をとるので、、、そこに期待です!

動物心理学研究で、動画を見たあとの猫たちの行動や統計もとってほしいなと思いました。

>>ネコ家具ソファとベッドのメーカーと値段は?購入方法やサイズも調べた!

猫の交通事故を減らすために!人間も注意することがあります。

道路に飛び出した猫に対して、大きな音で対応しないこと。

猫が驚いて、逆に動かなくなってしまいます。

とっさのことなので、難しいかもしれませんが頭の片隅にでも気に留めておいてほしいです。

 

まとめ

猫専用「交通安全動画」をネコがガン見するのは、人には聞こえないネコが聴くことができる音がBGMに流れているから。

猫専用「交通安全動画」を見た猫が交通事故に遭わないかどうかは、はっきりはわかりません。

猫たちが交通事故に遭わないようにと作られた動画、とてもすばらしいです!

飼い主さんは猫がじっとガン見するかどうか確かめつつ「交通事故の危険」についても見ている猫に「伝われ~」と心の中で祈りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください