2017大相撲春場所の見どころや優勝候補は?稀勢の里の調子についても!

2017年大相撲春場所(3月場所)が始まります!

注目は19年振りの日本人横綱となった稀勢の里

4横綱時代の再来で今場所は盛り上がりますよ!!

優勝候補の横綱 稀勢の里の調子も気になります!

大相撲春場所の見どころを紹介します!

スポンサーリンク

 

大相撲春場所(3月場所)の見どころは?

2017年 大相撲春場所(3月場所)

日時:2017年3月12日~2017年3月26日

場所:エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)

 

今場所から稀勢の里横綱として初土俵に上がります。

白鵬、日馬富士、鶴竜、そして稀勢の里、4人の横綱が土俵入りするのは17年振り!

こんなこと、貴乃花、曙、武蔵丸、若乃花が土俵入りした2000年春場所以来となります。

これは盛り上がりますよー!

 

今場所の見どころはやっぱり横綱として初土俵となる稀勢の里の優勝の行方ですね!

先場所の白鵬との千秋楽での対戦は見事でした!

横綱審査委員会も満場一致で推薦してくれたということで

これからの「横綱 稀勢の里」の自信になってくるんだと思いますね!

肝心なところで力が出なかった今までを払拭するくらいの活躍を期待しています!

 

そんな稀勢の里の場所前の調子はどうなんでしょうか?

大相撲初場所2017の見どころや優勝候補は?

 

[]
スポンサーリンク

稀勢の里の調子は?横綱として優勝の可能性はある?

今まで「綱取り」というプレッシャーからか、肝心なところで成績が残せず横綱昇進を逃してきた稀勢の里。

今場所は念願の横綱として土俵入りです。

先場所の堂々とした振る舞いや取り組みの内容は、横綱としても相応しいと感じていたので横綱昇進は嬉しかったです。

しかし「横綱昇進の条件」の一つとしてあげられる「2場所連続優勝」の条件を満たしていないんですね。

このことで周りの雑音が気になるのではと思っています!

日本中の誰もが待っていた日本人横綱、ですが何か言いたい人も必ずいるのでね。

それを跳ね除けるくらいの力で優勝して、そんな雑音を黙らせてほしいですね!

 

春場所前の稀勢の里の様子について気になることをまとめてみました。

【弟弟子 高安に稽古で大敗】

稀勢の里の調子についてちょっと気になる稽古結果がありました。

2月末に行われた大阪での初日の稽古では、弟弟子である高安との勝負に負け越し

しかし、落ち着いた様子で「力むことなく、一日一日をしっかりとやる」という言葉が出ました。

横綱らしい発言です!

調子が悪くても気持ちが崩れないこと、大事ですね。

これは稀勢の里が春場所で優勝する可能性、ありそうですね!

 

【稽古中に周りが騒然とするほどの怪我を負う!】

3月6日に嘉風との稽古では左まぶたの上を切って流血する怪我を負いました。

11針縫ったそうです!

稀勢の里本人は「怪我のうちに入らない」と余裕の発言。

春場所前で心配でしたが影響はないようですね。

それどころか更に気合が入ったような落ち着き振りでした。

「横綱」のプレッシャーを感じない春場所前の稀勢の里の姿はとても頼もしく感じます!

 

稀勢の里の調子は心身共にとても良いようです!

「みなさんの期待に応えるように一生懸命頑張ります」

と控えめな発言ですが、優勝への気持ちはいつもと変わらないということでしょうね。

昨年の最多勝利数を記録している強さを見せ付けてほしいと思います!

 

追記:

2017年3月24日

大相撲春場所13日目

ここまで12連勝と負けなしの稀勢の里

横綱 日馬富士と対戦しました。

日馬富士に勢いよく土俵外へ押し出され、稀勢の里は1敗!

その後、土俵下で右腕を押さえて動けなくなる事態になりました!

相当痛いようで、時折うなるような声と顔をしかめたりしていました。

 

2014年3月25日

大相撲春場所14日目

稀勢の里は出場することを発表。

対戦相手は 横綱 鶴竜

結果は、稀勢の里は力を出すことができずに土俵外へ。

2敗となってしまいました。

 

稀勢の里の怪我の様子にもよりますが

優勝に一番近い力士は、現在1敗の照ノ富士

千秋楽までどうなるか、注目です!

初優勝の稀勢の里の横綱昇進!日本人の綱取りは何年振り?

 

大相撲春場所の注目力士は?新入幕や角番も!

アクロバット相撲が話題の新入幕力士!

前頭12枚目 宇良(うら)

 

先場所成績:11勝4敗

現在24歳、12場所での新入幕は史上7位という記録です。

宇良といえば、レスリング経験があることでも有名。

アクロバット相撲」と呼ばれるほど珍しい決まり手を見せることで話題ですね!

2017年初場所では「たすき反り」という決まり手を57年ぶりに決めて勝ち星をゲット!

さらに同じ場所で首ひねり」という『幻の技』も決めてくれました!

春場所は宇良の登場だけで盛り上がるのではないでしょうか!

 

先場所は途中休場で怪我が気になる

大関 豪栄道(ごうえいどう)

先場所成績:8勝5敗2休

2017年初場所では、12日目の遠藤戦で右足首を負傷したため休場したという経緯があります。

2016年の秋場所で全勝優勝してから綱取りの声もあったのですが、調子がでないままですね。

今までも怪我に悩まされてきた豪栄道なので心配もあります。

怪我については、良くなってきているということで春場所出場に意欲をみせています

角番で優勝した時の勢いを取り戻して素晴らしい試合を見せてほしいです!

初優勝の豪栄道の横綱昇進の条件は?経歴や来場所の成績を予想!

 

稽古では稀勢の里に勝ち越しで絶好調!

●関脇 高安(たかやす)

先場所成績:11勝4敗敢闘賞

2016年秋場所では大関昇進がかかっていたのに思うように振るわず。

その後、負け越してしまったりと調子がでなかったですが、

先場所(初場所)では敢闘賞も獲得する活躍振りでした!

稽古では兄弟子の稀勢の里に勝ち越すという結果も残しています。

優勝候補ではと思っています!

稀勢の里の横綱昇進で弟弟子としては刺激になっているのは間違いないですね!

 

【春場所は関脇としてスタート】

●関脇 琴奨菊(ことしょうぎく)

先場所成績:5勝10敗

2017年初場所は角番として登場。

負け越したことで、春場所では関脇として土俵入りとなります。

日本人力士の10年振りの優勝から1年後に関脇へ降格というのは寂しいニュースでした。

何度も角番を経験していましたが、持ちこたえていたのに!と先場所は歯がゆい思いでした。

春場所でも「琴バウワー」だけは見逃さずに観戦したいと思います!

 

【4度目の角番】

●大関 照ノ富士(てるのふじ)

先場所成績:4勝11敗

春場所では自身4度目の角番となります。

それでもギリギリでいつも勝ってきた照ノ富士です。

稽古では気合十分な様子で、20番取り組みを行って19勝という記録。

調子は上々のようなので、春場所では活躍してくれる予感です!

 

追記:

大相撲春場所

横綱 稀勢の里優勝

成績:13勝2敗

先場所から続いて2場所連続優勝となりました。

横綱昇進後からの優勝

貴乃花以来、22年ぶりの快挙です!

優勝1度のみでの横綱昇進だったのでこれで文句なしでしょう!

もともと力はあった稀勢の里なので「横綱」という役割を背負って

素晴らしい相撲をしてくれました!

優勝後、何がしたいかという質問には

「稽古がしたい」という発言も驚きました!

右肩の怪我も心配ですが5月場所までじっくり治して

また大相撲を盛り上げて欲しいと思いました!

元横綱千代の富士の九重親方の死去前の姿や体調は?秋元梢の反応も

 

まとめ

2017年春場所の見どころは、横綱 稀勢の里の優勝の行方です!

注目力士もたくさんの大相撲春場所、盛り上がりそうで楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください