コインランドリーでカーペットを洗うと料金はいくら?時間やシステムも!

先日、カーペットコインランドリーで洗ってみました。

料金かかった時間はどれくらいになるのか、気になりますよね。

そしてちょっとトラブルもあったので対応内容などまとめてみました。

クリーニング店に出すのとどっちがお得なのかも調べてみました!

 

今回コインランドリーで洗ったカーペット

今回洗った我が家のカーペットについての情報はこちら!

  • 素材:綿
  • 大きさ:161×263(3.5畳くらいの大きさ?)
  • 重さ:約30キロ
  • 特徴:毛足が長め、両端に房がついてる
  • 色:白、緑、黄緑が斑になっているもの

4年ほど使っていて、ジュースのシミ食べこぼしも少しあって気になっていました。

素材が「綿」ということでたぶんコインランドリーでもいいだろうと思っていたので思い切って洗うことにしました。

 

心配だったのは、縮むんじゃないかという点。

結論から言うと、縮みました!

でも不恰好な感じではなかったので、全然良しとしました!

セーターのように着られなくなる訳じゃないので、カーペットが縮んでも何てことなかったです(我が家の場合ですが)。

 

さて、コインランドリーなんてどれくらい行ってないだろうか?

「洗剤」って持っていくんだっけ?

と、ちょっと利用するのに心配なことがちらちらと、、、。

多分5年は行ってないだろうなと思って近所にいいところがないかと調べてみました。

 

で、見つかったのでそこへGO!

旦那と共に30キロあるカーペット担いで行ってまいりました!

>地震災害に備える非常持ち出しグッズのリストまとめ!便利な保存食も!

 

スポンサーリンク

コインランドリーの利用方法!洗剤はいるの?

年末や引っ越しシーズンなどは混むだろうと思って、季節の変わり目を避けてみました。

7月の下旬、梅雨も明けた晴れた日。

これならコインランドリーも混まないだろうと思って。

 

予想は当たりでした!

でも、私と同じように考えている方が3組、カーペットを抱えてやってきていました。

やっぱり今がカーペットの洗い時なのかな(笑)

ちょっとした仲間意識を感じつつ、数年ぶりのコインランドリーへ恐る恐る足を踏み入れました。

やってきたのは、全国に30店舗ほどある「ブルースカイランドリー」さん。

 

私が訪れたお店の洗濯機の数

  • 洗濯・乾燥が両方出来るものが2台(20キロ前後)
  • キロ数別の洗濯のみの機会が5台(30から15キロ前後)
  • 乾燥機が8台(内2台はすごい大きなドラムでした)

 

今回はカーペットという大物なので、洗濯と乾燥は別にしないとできないことが判明。

なので、30キロ入るドラム洗濯機で洗って、乾燥機へ移して。

という手順にすることにしました。

 

ここで洗濯の料金を発表!

【30キロのドラム式洗濯機】

30分 1,000円(通常洗い)

※ちなみにメーカーは「エレクトロラックス」でした。

洗剤は必要なしです。

もう昔と違うのね、と時代の流れを感じました(笑)

柔軟剤も入れてくれますよ。必要ない場合は設定で「無し」にもできます。

 

使い方が分からず、旦那とうろうろと店内を見ている姿、監視カメラで見ていた方は、ハラハラしていたのかなと。

別に怪しいものじゃないですから(笑)

 

で、洗濯開始!

と思ったら!!

トラブル発生!

 

最初に「ドラム洗い」をするといいよ、と書いてあったのでそれをしようとしましたが出来ませんでした^^;

ちなみにドラム洗いってこんなのです。


出典:http://bsl-web.co.jp

「ドラム洗い」の仕方が分からず、

『お金入れるといいのかもね』とお金を入れてみたら、

中身が空のまま洗濯がスタートしてしまいました!

 

呆然とする旦那と私、、、。

水と泡が勢いよく回っている空の洗濯機を見つめて、、、いる場合ではありません!!

店内に電話が設置してあるので、問い合わせをしてみました。

 

「あー、お金入れてはいけませんよ」

みたいな淡々とした対応でしたが(苦笑)辛抱強くどうしたらいいか対応待ち。

 

【対応結果】

今のコインランドリーって遠隔で機械操作ができるんですね!

空のまま回っていた洗濯機がストップ!

排水されて、ドアが開くようになりました。

よかったー!

お金も無駄になりませんでした。

お店の方、対応してくださってありがとうございました!

 

そしてやっと洗濯開始。

家庭用のドラム洗濯機よりも窓が大きいので中の洗濯物の様子がわかって面白かったです。

この後、乾燥もかけたいので、その場は離れず洗濯が終わるまで30分店内で待っていました。

 

そして洗い終わったので、乾燥機へ。

一番大きなドラムへ投入。

『乾燥機』の料金(30キロのカーペットが入るドラム式)

7分100円

という料金でした。

 

1時間くらいだと、7分✕9=63分

なので、900円を投入。

63分かけてカーペットを乾燥させました。

 

約1時間、乾燥機を使った結果、80%は乾きました。

あとは家で乾かそう!と、ここで終了としました。

終わったー!さて、料金はいくらになったの?

 

コインランドリーでかかった料金は?カーペットの状態は?

洗い終わったカーペットの状態は、

乾燥して空気を含んだのか、厚みができてフワフワになりました!

 

そして冒頭でも書きましたが縮みました。

縦横と5cmくらいは縮んだかも。

まあ、これは覚悟の上だったので予想の範囲内でした。

見た目が悪くなった訳ではないので大丈夫です。

 

【かかった料金まとめ】

  • かかった時間 1時間33分
  • 料金合計 1,900円

という結果でした!

【使用料金の内訳】

洗濯 30分(30分✕1,000円) 1,000円

乾燥 63分(7分✕100円 ) 900円

これだけ料金がかかったけど、これって高いの?安いの??

>>アトリックスの濡れた手に使う【ハンドミルク】の使い方や評判は?

 

使ってみての感想とクリーニング店と料金を比較!

通常、クリーニング店でカーペット洗いを頼むと

1畳 1,000円

という料金設定らしいです。

店舗によって違いますけど。

 

なので、コインランドリーの方が安いす。(今回のケースでは)

 

しかし、カーペットの素材によってはクリーニングじゃないとダメなものもあります。

今回、我が家のカーペットは「綿」素材でした。

「縮む」という注意点もあるので、クリーニングで丁寧に洗ってもらったら違ったかもしれません。

 

ですが、コインランドリーでも良かったです!

満足度95%!

高温で乾燥もかけたので、ダニなどもいなくなったのかもと気分的にもいいです!

キレイなうちにと思って、さらにダニ防止にこれを使いました^^

置くだけで簡単にダニ退治!⇒【さよならダニー】

ほんとに「さよなら」できて、めっちゃ効果ありです!

 

まとめ

綿素材のカーペットをコインランドリーで洗った結果、料金は1,900円、時間は1時間30分前後かかりました。

こんなに上手くいくとは思ってなかったです^^

次は何を洗おうかなと、考えてみたりして楽しくなってきました♪

また利用したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください