カンナムが韓国で人気なのは何故?デビューのきっかけや芸名の由来も!

韓国のバラエティ番組で大人気!歌手活動もしているカンナム(KangNam)さん

カンナムさんのは、韓国の元スピードスケート選手イ・サンファさん!

カンナムさんは日本生まれの日本育ちという経歴なんですが、どうして韓国で人気なんでしょうか?

「カンナム」は芸名だと思うので本名も気になります!

韓国で人気の日本生まれの有名人「カンナム」について調べてみました!

 

カンナムさんが韓国で人気なのはなぜ?

まずはカンナムさんのプロフィールから紹介です。


出典:http://lineblog.me/

本名:滑川康男(なめかわ やすお)
生年月日:1987年3月23日
身長:177cm
血液型:A型
出身地:東京都江戸川区
特技:英語、韓国語、ギター、ピアノ
趣味:作曲、サーフィン、スノーボード、映画鑑賞

 

カンナムさんは2011年に韓国デビューをしています。

当時はヒップホップグループ「M.I.B」のメンバーとして音楽活動をしていました。

2014年、バラエティ番組に出演し始めると、変な韓国語がウケてバラエティ番組の仕事が増えていきます。

そして、韓国のテレビ局MBC放送の芸能大賞今年のニューススター賞」を受賞してブレイクを果たします。

 

2015年にはソロ歌手としても活動。

2016年にバラエティ番組「ジャングルの法則」(芸能人が自給自足で生活するサバイバル番組)での活躍を認められ、SBS芸能大賞男性新人賞」!!

これは、日本人として初の受賞となりました!

 

受賞をしたときのカンナムさんの喜びの言葉は、韓国で大流行しました!

「お母さん、賞とったど~!」

この言葉は、韓国の人なら誰もが真似をするカンナムの有名なセリフとなりました!

なんだか日本の番組「黄金伝説」に似ているようなバラエティ番組の内容とカンナムの受賞の言葉ですね(笑)

 

カンナムさんは韓国の芸能人にはいないタレント性を持っているようで、そこが韓国で受けている理由のようです^^

★理由1大物歌手やベテラン芸能人にも物怖じしない性格

韓国は儒教の国なので、年上の人を敬うのが一般的です。だけど、それではバラエティ番組として面白くないんですよね。

ここをカンナムは絶妙に空気を読んで年上の相手へイタズラして笑いを取ることができるという韓国のタレントにはない特技を発揮!

このキャラクターが韓国でウケているようです。

 

★理由2歌唱力

韓国のNHKといわれるKBS2で「不朽の名曲 伝説を歌う」という番組に出演して歌唱力も認められているカンナム。

この番組の視聴者はお年寄りが多く、年配の層の支持も高いという理想的なタレントとなっているんですね!

 

★理由3堅実な生活

韓国で仕事が多くなったことで、ローンを組んでビルを建てたカンナム。

その暮らしぶりがテレビで紹介されて話題になりました。

謙虚で健康的なカンナムの生活韓国人には好印象なのだそうです。

 

カンナムが人気な理由、分かった気がします。

韓国での出演番組を見てみると、「ジャングルの法則」では若い世代の視聴率が高く歌番組「不朽の名曲」では年配の世代が多いということで、

幅広い年齢層でカンナムさんは好感を持たれているようです。

>>BTS 全米1位は何がすごいの?アメリカでウケる理由は何?

 

スポンサーリンク

カンナムさんが韓国でデビューしたきっかけは?

カンナムさんの両親は、父親が日本人母親が韓国人です。

生まれは東京、14歳まで日本で育ちました。

14歳のとき、地元の公立中学であまりにも勉強しなさすぎたことから「英語を勉強してこい!」ハワイに放り出されます。

で、そこでも勉強せずに5回も退学処分を受けてしまいます。これはかなり遊んでいたんでしょうね(笑)

ハワイ留学中に見た韓流スターのコンサートに行く機会があり、そのライブの衝撃を受けて日本へ帰国します。

帰国後、横浜のインターナショナルスクールを卒業しテンプル大学日本校へ進学します。

 

2008年頃から2010年まで「KCB」というロックバンドでボーカルとして活躍していました。

2011年、赤坂のカフェで韓国の芸能事務所からのスカウトを受けます。

偶然にもハワイで衝撃を受けた韓国の芸能界からのスカウトでした、不思議な縁ですね!

このスカウトがきっかけで韓国で芸能活動を始めます。

母親が韓国ドラマを見ていた影響で韓国語の聞き取りはクリア!

それでも韓国ではアナウンサー学校へ通って発音の練習など韓国語の勉強もしました。

そして2011年に韓国デビュー!

デビュー当時は、「M.I.B」というヒップホップグループのメンバーとして活動をしていました。

 

カンナムの芸名の由来は?韓国籍取得のエピソードも!

本名滑川康男(なめかわ やすお)」といいます。

「康男」を韓国読みすると「カンハンナムジャ」、意味は「強い男」となるそうです。

「カンハンナムジャ」を略して「カンナム(KangNam)」

これが芸名の由来となっています。

 

2019年、韓国で歌手活動を中心に活躍するカンナムさんが、韓国に帰化すると発表しました。

韓国国籍の取得までには1年ほどかかるそう。

2022年2月28日、カンナムさんは無事に韓国籍を取得しました!

帰化試験の内容は、「筆記試験3回、面接2回」がセットになっていて不合格となればまた一からやり直しとなるんだそうです!

何度も落ちてしまったカンナムさんですが、3年かけてやっと合格!

面接の試験内容は、韓国国歌を歌ったり、「水道が故障したらどこに電話をしますか?」などかなり難しかったとのことです。

3年の努力が実り、2022年6月から「韓国籍」となりました!

>>宇多田ヒカルの全米6位は何故すごいの?過去の世界進出と比較!

 

カンナムさんの妻は韓国代表の元スピードスケート選手イ・サンファさん!

2019年にカンナムさんが、韓国のスケート選手 イ・サンファさんと結婚を発表しました。

二人が出会ったきっかけは、カンナムさんが新人賞を受賞した「ジャングルの法則」での共演!!

イ・サンファさんといえば、日本スピードスケート選手 小平奈緒さんとの友情が話題となった方^^

小平奈緒さんにも結婚を報告したと思うんですが、反応が気になります!

カンナムさん・イ・サンファさん、結婚おめでとうございます^^

 

まとめ

・韓国で活躍するカンナムの本名は「滑川康男(なめかわ やすお)」、芸名の由来は「康男」を韓国語で「カンナム」ということから付いています。

・カンナムが韓国で人気の理由は、韓国にはいないタイプのタレントだから受けているようです。

日本人として韓国で大人気ということですが、逆輸入タレントとしてカンナムの今後の活躍が気になりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください