【青天を衝け】愛希れいかはどんな人?元宝塚トップスター時代の人気は?

テレビ番組

2021年大河ドラマ「青天を衝け」元宝塚娘役トップスター愛希れいかさんが出演!

「鹿鳴館の華」と言われた『井上武子』を演じます。

愛希れいかさんの宝塚時代はどんなタカラジェンヌだったのかなどまとめました。

 

大河ドラマ「青天を衝け」井上武子役の愛希れいかはどんな人?

愛希れいかさんは、元タカラジェンヌで月組娘役トップスターとして活躍をしていました。

宝塚時代はドレスを着て舞台に立つことが多かったので、武子の役にぴったりだと思いました^^

ファンとしては宝塚時代を思い出すような役柄にとてもうれしくなりました^^

 

愛希れいかさんが「青天を衝け」で演じる井上武子は、「鹿鳴館の華」と言われた日本で初めて欧米のドレスを着て海外の外交官の橋渡しをした女性。

当時イギリスで流行していたバッスルスタイルのドレスを見事に着こなしたのが武子陸奥宗光の妻 亮子でした。

 

愛希れいか(まなき れいか)

  • 生年月日:1991年8月21日
  • 出身:福井県
  • 身長:167センチ
  • 所属事務所:アミューズ

2007年に宝塚音楽学校へ入学。

中学卒業後、音楽学校を1回目の受験で合格しました。

音楽学校時代、1年生(予科生)のときは娘役志望で授業を受けていましたが、背が伸びたことで2年生(本科生)のときに男役に転向しました。

2009年宝塚歌劇団へ入団、月組に配属となります。

>>宝塚歌劇団の音楽学校の厳しい校則とは?先輩のいじめは本当にあるの?

 

宝塚 入団当時は「男役」として出演。

端役で出演していても顔立ちがかわいいので、役柄で軍服を着ていても目立っていましたね^^

のちの月組男役トップスター龍真咲さんが「娘役のほうがいい」と言ってくれたことがきっかけで、2011年初舞台から2年目に「娘役」へ転向となりました。

娘役に転向後は、ヒロインに抜擢されるなど着々と実力を上げていきます。

 

そして2012年、娘役となって1年後に月組娘役トップスターに就任

入団3年目、娘役となって1年目でのことでした。

愛希れいかさんの相手役は、娘役への転向をアドバイスしてくれた龍真咲さん!

愛希れいかさんの宝塚人生を変えた人が相手役となったこと、心強かったと思います^^

 

2016年に龍真咲さんが退団、2人目の相手は珠城りょうさん!

珠城りょうさんは、天海祐希さんの7年に次ぐ9年目でトップスターとなった注目のタカラジェンヌ!

珠城りょうさんとは音楽学校時代に、先輩(珠城りょう)、後輩(愛希れいか)という間柄だったこもあって相性抜群の二人でした^^

>>【宝塚】珠城りょうのトップスターとしての実力や人気は?性格や経歴も!

珠城りょうさんとコンビを組んで3年後の2019年、宝塚で人気の作品「エリザベート」で退団。

娘役トップスターとして6年7ヶ月という期間は、歴代で3番目の長さとなりました。

ちなみに最長年数は元娘役トップスター花總まりさんの13年!

男役トップスターでもこれほどの年数を務めた人はいません。

まだまだ上には上がいるんですね^^;

>>花總まりの経歴や性格は?宝塚トップ娘役時代の人気や相手役との仲は?

宝塚を退団後は、アミューズに所属し、舞台で活躍を続けています。

退団後の舞台は「エリザベート」(主演)、「ファントム」(ヒロイン役)など宝塚でもおなじみの作品にも出演。

その他「フラッシュダンス」の舞台版での主演や、海外ミュージカル「イリュージョニスト」にもヒロインを演じています。

愛希れいかさんの舞台人としてのスキルがあるからこそ主演やヒロインに抜擢されるんだなと改めてすごさを感じています。

 

これまで舞台が中心でしたが、2021年に初めてドラマ出演を果たします。

しかも『大河ドラマ』という大きな舞台です!

演じるのは、明治時代に渋沢栄一を支え政界で活躍した井上馨妻 武子

日本は当時、海外との不平等な条約を改正しようと外交に力を入れていた時代。

イギリスを夫と見て回った武子は、流行のバッスルスタイルのドレスを着て海外のお客様におもてなしをしました。

洋風のドレスに似合う髪型、見事な立ち振舞で「鹿鳴館の華」と呼ばれるほどの女性となりました。

こんな役柄、愛希れいかさんにぴったりです!

マリー・アントワネットエリザベートなど、宝塚時代は女王や皇女を見事に演じてきた愛希れいかさんならこなせて当たり前の役だと思います^^

演技も言うことなしの愛希れいかさんの「井上武子」をとっても楽しみにしています!

 

スポンサーリンク

井上武子役の愛希れいかさんの宝塚 娘役トップスター時代の人気は?

愛希れいかさんのトップスターとしての年数は6年7ヶ月。

男役、娘役ともトップスターでいる年数はだいたい2~3年間ほど(個人的な感覚ですが多分あっていると思います)

そんな中で5年を超えてトップスターをしてきたといことは、それだけ愛希れいかさんが宝塚で人気があったということにも繋がります。

 

宝塚では、

「男役」が必ず主役

というのが暗黙のルールです。

娘役はトップスターであっても「男役トップスター」より注目されないこともしばしば。

娘役トップスターよりも男役二番手スター(次期トップスター候補でもあるので)のほうがファンにとっては気になる存在だったりもします(ファンによりますが^^;)

それにもかかわらず、娘役スターが人気の場合娘役が主演の舞台が上演されることがあります。

愛希れいかさんも人気の娘役トップスターでした。

ということで、宝塚では月影瞳さん以来17年ぶり娘役トップスターである愛希れいかさん主演の舞台が作られました!

これは愛希れいかさんの人気があったからこそのことです。

 

愛希れいかさんの人気の理由ははっきりとはわかりませんが、個人的には舞台人としての実力と、そして女性ファンからも好かれていたことにあるのかなと思っています。

歌よし、ダンスよし(ダンスの実力は男役にも負けないダイナミックさで最高でした!)、演技も抜群によかった!

というのが宝塚時代の愛希れいかさんの感想です。

娘役トップスターは早くて入団2年目で就任することもあり、可憐で風で吹き飛ばされそうな娘役さんに多少の不安を覚えることもあります(個人的な見解ですが^^;)

そんな中、男役の経験もある愛希れいかさんの女女していないバランスのとれた演技や立ち振舞が、女性ファンにとっても好感が持てるのかなと勝手に想像しています。

宝塚は女性ファンが圧倒的に多いので、男役スターのファンが娘役スターを不快に思ってしまうとアウトだったりします。

嫉妬心からなのか、自分の思い通りの娘役さんがお気に入りのトップスターの相手役にならなかったからなのかはわかりませんが、女性の気持ちって複雑ですね^^;

>>【元タカラジェンヌ】明日海りおの性格は?宝塚トップスター時代の人気がすごい!

 

まとめ

2021年大河ドラマ「青天を衝け」で井上武子を演じる愛希れいかさんは、月組娘役トップスターとして6年7ヶ月もの間宝塚の舞台で活躍していました。

月組娘役トップスター時代には人気があったことから、「男役」が主演が当たり前の宝塚で、宝塚史上2人目となる愛希れいかさん主演(つまり娘役トップスター主演)の舞台が作られました。

明治時代、「鹿鳴館の華」と謳われた井上武子は、宝塚でどんなドレスも着こなす娘役トップスターだった愛希れいかさんにぴったりの役だと思います。

宝塚時代のお話で、華やかなドレスは「見た目以上に重い」とよく聞きましたが、そんな当時のバッスルスタイルのドレスを優雅に着こなす愛希れいかさんを見るのが楽しみです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください