フィギュア女子トルソワが成功した4回転の種類と難易度は?コーチは誰?

ロシアフィギュア女子シングル選手アレクサンドラ・トゥルソワ4回転ジャンプを成功させました!

トゥルソワが成功させた4回転ジャンプは女子では飛びやすい種類なんでしょうか?難易度は?

4回転にチャレンジさせたトルソワのコーチも気になります!

ロシア選手アレクサンドラ・トゥルソワについて調べてみました。

 

トルソワが成功した4回転ジャンプの種類や難易度は?

まずはトルソワのプロフィールから紹介です。

アレキサンドラ・トゥルソワ

  • 生年月日:2004年6月23日
  • 出身:ロシア・リャザン
  • 身長:155センチ
  • 所属クラブ:サンボ70

※2019年現在のデータです。

現在15歳!

・トルソワが初めて公式の試合で4回転ジャンプに挑戦したのは、2017年12月に行われた「グランプリファイナル」のジュニア大会の時。

この時は失敗してしまいましたが、公式戦(フリー演技)で飛ぶと決めた覚悟はすごいと思いました!

この時の試合では、4回転サルコウ1回をプログラムに組み込んでいたのですが、着氷に失敗。

「誰もやっていないことをやりたかった」といっていたトルソワでしたが、その3ヶ月後に誰もやっていないことをやっちゃいました!

 

・2018年3月10日のフィギュアスケート「世界ジュニア選手権」で、4回転ジャンプを見事成功!しかも2種類も!!

トルソワが成功させた4回転ジャンプ

  • 4回転サルコウ
  • 4回転トゥループ

日本からも紀平梨花さん(5位)、山下真瑚さん(銅メダル)が出場していましたが、トルソワ選手の4回転ジャンプ成功で一人勝ちでした!

山下真瑚さんはトルソワに30点も差を付けられて3位、、、これは驚異です^^;

 

2019年、トルソワが成功させた4回転ジャンプは3種類に増えました!

2019年現在 トルソワが飛べる4回転ジャンプ

  • トウループ
  • サルコウ
  • ルッツ

>>フィギュアスケート紀平梨花のコーチは誰?振付師や音楽も調べた!

 

スポンサーリンク

4回転ジャンプの難易度と基礎点まとめ

まずはジャンプの難易度からまとめました。

フィギュアスケートのジャンプは全部で6種類あります。

ジャンプの中では

  • 一番難易度が低いジャンプは「トウループ」
  • 一番難易度の高いジャンプが「アクセル」

になります。

 

難易度の順番はこんな感じ↓

  1. トゥループ
  2. サルコウ
  3. ループ
  4. フリップ
  5. ルッツ
  6. アクセル

 

「ジャンプ」と「回転」を合わせた技の基礎点は、

  • 3回転アクセル:8.0点
  • 4回転トウループ:9.5点 ※
  • 4回転サルコウ:9.7点 ※
  • 4回転ループ:10.5点
  • 4回転フリップ:11.0点
  • 4回転ルッツ:11.5点※
  • 4回転アクセル:12.5点

はトルソワ選手が成功したジャンプ)

こんな感じになります。(2019年現在の得点)

トルソワ選手の成功させた4回転ジャンプで一番難易度が高いのは4回転ルッツ!成功すれば13.6点という高得点が得られます!

3回転と4回転の点数の差を比べてみると、

3回転トウループ(4.2点)

4回転トウループ(9.5点)

ジャンプの点数の差は5.3点。他のジャンプも「3回転」から「4回転」になると1.5倍ほどの点数アップに!

なので、4回転ジャンプを公式試合で成功させればかなり大きな差になります。

 

ですが、トルソワ選手の年齢は10代前半とまだ若いです。

女子選手は、身長の伸び具合で体のバランスが変わってしまい、ジャンプの感覚も変わってしまうことがあるのだそう。

これからまだまだ身長が伸びるかもしれないトルソワ選手が、このまま安定して4回転ジャンプが飛べるかはまだ未知数です。

 

女子も男子も成長途中の身体では演技が安定しないことが多いので、ジュニア選手を育てるコーチも大変なんじゃないかと思います。

トルソワの4回転成功に導いたコーチはどんな人なのか気になります!

>>坂本花織「2019-2020シーズン」フリーの曲や振付は誰?トリプルアクセルは成功?

 

トルソワ選手のコーチは誰?

トルソワのコーチは現在2人います。

エテリ・トゥトベリーゼ

セルゲイ・デュダコフ

 

エテリ・トゥトベリーゼさんは、ロシアでは有名な指導者です。

エテリ・トゥトベリーゼさん自身は元フィギュア選手!シングル選手、アイスダンス選手という経歴があります。

未婚の母で一人娘(現在17歳)はアイスダンス選手で、そのコーチもしています。


出典:https://ja.wikipedia.org

教え子は、

  • エフゲニア・メドベージェワ(元教え子)
  • アリーナ・ザギトワ

などなど、平昌オリンピックの金・銀メダリストも育てているコーチです!

そういえば、平昌オリンピックのキス・アンド・クライでテレビによく映っていたソバージュヘアの女性はこの人だったんですね。

過去には、ユリア・リプニツカヤさんやエリザヴェート・トゥルシンバエワさんなどのコーチもしていました。

>>ユリア・リプニツカヤの引退年齢と病気の原因は?今後はプロになる?

 

もうひとりのコーチ、セルゲイ・デュダコフさんは、シングル選手として国際大会で優勝を経験したことのある人。

2012年からエテリ・トゥトベリーゼさんと共同でチームを組んでコーチをしています。

 

トゥルソワ選手のコーチ、かなり強力ですね!

これは2022年冬季北京オリンピックは、フィギュア女子選手が4回転ジャンプをプログラムに入れるのが当たり前という時代になってきそうな予感がします。

フィギュア女子の技の進化はこれからも発展していくんだろうなと思うとワクワクしますね!

>>ステファン・ランビエールの経歴や成績は?性格や引退理由も調べた!

 

まとめ

ロシアのトルソワ選手が飛べる4回転ジャンプは、トゥループ、サルコウ、ルッツの3種類です。

ジャンプの難易度は6種類ありますが、4回転になることで3回転よりも基礎点が約1.5倍になります。

トルソワ選手のコーチは、エテリ・トゥトベリーゼさんとセルゲイ・デュダコフさん。平昌オリンピックでフィギュア女子金メダルを取ったアリーナ・ザギトワさんのコーチもしている人です。

フィギュアスケート女子はロシア勢の勢いが止まりませんね!2022年の北京オリンピックで、女子選手が4回転を飛ぶ姿を見れるのかもしれないと思うと楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください