ZIP【緑山家の朝】5話の感想!最終回のラストで生田家に戻る?

ZIP!(ジップ)」内で放送中の朝ドラマ「緑山家の朝」は、5話最終回

緑山家のマンションはペットが飼えない?

ラストにまた仕掛けがあって最後まであっと驚く展開で面白かったです!

約1ヶ月間の「ZIP!」朝ドラマも終わりかと思うと寂しいです。

 

「緑山家の朝」5話の感想!猫が飼えないのは何で?

緑山家の朝、朝食後のコーヒーを飲んでいるところ。

妻の美羽(平岩紙)はスマホで猫の動画を見るのにハマっています。

「超癒やされる」と夫 貴志(バカリズム)にも動画を見せて「猫飼いたくない?」と提案。

でも、うち猫ダメじゃん。『応相談』だもん」と。

「『応相談』は言えばOKじゃないの?」と妻が言いますが、どうも違う様子。

そこで、夫はマンションの規約が書かれた書類を持ってきます。

 

緑山家の住むマンションで飼えるペットは

  • ケージで飼える小動物
  • 小型犬

犬はOKなのに猫が飼えないのはおかしい!と妻の疑問が次々と出てきます。

「犬と猫って『ペット感』同じくらいじゃん」と妻独特の感覚を夫にぶつけてきました。

妻のいう『ペット感」とは、『いきなりステーキ』食べて「肉食べてるなー」っていう感覚の『ペット版』なんだそう(笑)

なんとか理解する夫にさらに独特の表現が飛び出す妻。

メダカってそこまでペット感強くないじゃん、『ササミ』とかだよね」と言うと

夫は「肉でいうとね」と返事。

カメとかも比較的ペット感弱めじゃん。『レバー』みたいなもんじゃん」というと

夫は「肉でいうとね」と返事。

ってペット感つよいじゃん。『ロース』じゃん」

夫は「まあそうだね」と返事。

もペット感強いじゃん。『カルビ』じゃん」

と言ったところで、「飼う動物の種類を食べる動物の部位に例えるのは複雑」とちょっと困り顔w

 

だけど犬はいいのに猫はダメなのはなんでか納得がいかない妻

夫は「猫は柱とかひっかくじゃん。重要なこと」と犬との違いを説明すると

じゃあ鹿は?」と妻。

夫は鹿がダメな理由を「角」というと「メスはOKってこと?」と妻。

鹿は「ペットじゃなくて家畜のジャンル」だと言ってみるものの

鹿なんて飼えないってみんな勝手に決めつけてる」と鹿はペットになると主張!

だけど、鹿はペットショップに売っていないし、都道府県の許可なしに飼えないという夫。

ダメ押しで「鹿は素人が飼える代物じゃない」と説得。

ここで我に返った夫は「え?待って、鹿が飼いたいの?」と聞くと「ううん」と妻。

今のやり取りの意味がなくなりました(笑)

 

話を元に戻してみても「猫が飼えない」のに納得がいかない妻ですが「仕方ない」と諦めモード。

「次に引っ越す時は猫が飼えるマンションにしようよ」とまた猫動画を夫に見せて始めます。

 

夫は猫を飼うことは反対ではない、と考えていました。

しかし、それ以前にずっと気になっていることがありました。

妻が見せてくれる動画サイトのおすすめ動画に上がっている動画の大半が

『戦場格闘技のハウツー動画』

だということに!

 

ここで、画面が生田家」の朝食風景に切り替わります。

今朝の生田家は、朝ごはん魚の干物とご飯、お味噌を食べています。

ママ(尾野真千子)は、緑山家の5話を見て「マンションは色々と決まりがあって大変だね」と感想を言っています。

さらに「うちは一軒家なんだからそろそろ犬を飼おう」と娘の美菜(関谷瑠紀)に同意を求めました。

>>「生田家の朝」撮影場所はどこ?一軒家は本物?

パパ(ユースケ・サンタマリア)は「ええ~」とちょっと困った顔。

ママはパパのそばに寄ってスマホで犬の動画を見せはじめました。

前回のシリーズでもママと美菜は犬を飼いたがっていましたね!>>ZIP!「生田家の朝」4話!犬を飼うならどっち?

 

パパは妻と娘がそこまで言うなら犬を飼ってもいいかなと思っています。

パパもそれよりも気になることが!

ママの見せてくれている動画サイトのおすすめ動画の大半が

海外のストリートファイトの動画集

ということ!

 

「かわいいでしょ?」と犬の動画にメロメロの妻に、「彼女に動物が飼えるのか若干心配^^;」

と思うパパなのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

「緑山家の朝」5話最終回の感想をまとめました。

最後は再び「生田家の朝」に戻りました!

生田家は犬、緑山家は猫を飼いたい!という願いはそのうちに叶いそうですね。

どちらの家の妻も格闘技好きなんでしょうかw

夫の気持ちは複雑ですね^^;いろんな疑問が湧いてくるんでしょう(笑)

あっという間の1ヶ月、毎朝楽しかったです^^

最終回も相変わらずの日常を送る「生田家」「緑山家」、再び朝ドラマで戻ってきてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください