バンテリンドーム命名権料の金額はいくら?ダサいと評判だけど契約期間はいつまで?

野球場

ナゴヤドーム」が2021年1月1日から「バンテリンドーム ナゴヤ」に名前が変わります!

命名権を獲得した「興和株式会社」がこの名前にしたんですが、その名前の権利が有効な契約期間はいつまでなの?

今まで馴染んできた「ナゴヤドーム」は、このままずっと「バンテリンドーム ナゴヤ」なの?!

そしてその「命名権」の金額は、いくらだったのか気になります!

ナゴヤドーム改め「バンテリンドーム ナゴヤ」についてまとめました。

 

「バンテリンドーム ナゴヤ」の命名権料はいくら?

命名権(ネーミングライツ)を譲渡して、「名前をつける権利をお金で売る」

ということで「命名権料」が発生します。

「ナゴヤドーム」の名前を、興和株式会社が買ったという訳なんですが

命名権料は、非公開!

気になっていた「命名権料」がいくらだったのか、発表してくれませんでした。

 

「命名権」について、他の施設の事例を調べてみました。

広島東洋カープのホームグラウンド

「広島市民球場」

は、2009年から命名権を「マツダ」へ譲渡しています。

「広島市民球場」からマツダズームズームスタジアムに名前が変更しました。

命名権の契約期間は5年。

広島市民球場は、この契約を2009年から3期(15年間)続けています。

昨年3回目の契約更新をして2024年3月31日まで「マツダズームズームスタジアム」という名前でいることになっています。

 

「マツダズームズームスタジアム」と名前が変わった「広島市民球場」の命名権料

年間2億2,000万円!

なので

5年間で命名権料11億円!

 

「バンテリンドーム ナゴヤ」も11億円に近い金額なのかなと想定してしまいます。

5年で11億円かけて「バンテリン」という名前の宣伝をするということなんですよね。

この値段が安いか高いかわかりませんが、宣伝効果は大きいですよね!

「バンテリン」という商品名が5年間はドームでのイベントや参加するお客さんに刻まれていくので。

ナゴヤドームの席数は、最大で49,692席。

1回ドームへ訪れるだけで49,000人以上の人が「バンテリン」という名前を頭の片隅に感じることになるんですね。

宣伝効果は抜群ですね!

>>【アイチスカイエキスポ】駐車場の場所や料金は?行き方や最寄り駅はどこ?

 

スポンサーリンク

バンテリンドーム ナゴヤ命名権の契約期間はいつまで?ずっとこの名前?

愛知県民として、野球、コンサート、イベントなど1997年からお世話になってきた「ナゴヤドーム」

23年間、ずっと変わらずに「ナゴヤドーム」として親しみがあったので、突然の名前変更に驚きました!

「バンテリンドーム ナゴヤの中日戦チケットあるけど、行かない?」

「バンテリンドーム ナゴヤにライブを見に行くんだ!楽しみ!」

と今後言う機会が増えるのか?!

まったく馴染めません^^;

バンテリンドーム ダサい

と、世間でもだいぶ評判みたいですね^^;

慣れるまでしばらく拒否反応を起こしそうです。。。

 

そんな「バンテリンドーム ナゴヤ」は、湿布薬などでおなじみの「バンテリン」を作っている会社「コーワ」が命名権を獲得したことで名前変更という流れになりました。

これまでの「ナゴヤドーム」という名前がなくなってしまったのかと思ったんですが、命名権には「契約期間」があります。

今回の「ナゴヤドーム」が「バンテリンドーム ナゴヤ」という名前となるのは、

2021年から5年間!

つまり2021年~2025年まで「バンテリンドーム ナゴヤ」という名前。

2026年からは、再び「ナゴヤドーム」に戻る予定になっています。

なので、2021年からずっと「バンテリンドーム ナゴヤ」という名前になるというわけではありません!

なんだかホッとしました^^

だけど5年か~、長いですね。

こんなに「ダサい」と意見があるのに、いつの間にか「バンテリンドーム ナゴヤ」に慣れてしまっているかもしれないですね^^;

ちょっと気になったのが「契約更新」の可能性、、、

「マツダズームズームスタジアム」は、5年契約を3回更新しています。。。

「ナゴヤドーム」も契約更新ということもあり得るので、さらに5年間も「バンテリンドーム ナゴヤ」の可能性もあるかもしれません!

 

まとめ

「ナゴヤドーム」から「バンテリンドーム ナゴヤ」という名前の契約期限は、2021年から5年間です。

2026年には命名権の契約が切れるので、もしかしたら「ナゴヤドーム」という名前に戻るかもしれないです。(戻らない可能性もあります。)

命名権(ネーミングライツ)の料金は、非公開です。

「広島市民球場」が「マツダズームズームスタジアム」になった時の命名権料は、年間で2億2,000万円、5年契約で11億円でした。

「ナゴヤドーム」も11億円に近い金額で興和株式会社が命名権を獲得したと予想していみました。

愛知県民として、最初に知ったときの感想は「バンテリンドーム ナゴヤか。。。」と一瞬思考が止まりました^^;

馴染みのあった名前が変わってしまうのは寂しいですが、コロナ渦での経営を立て直すということも含まれているのかなとも思ったり。

中日ドラゴンズも2020年は3位でシーズンを終えたので、2021年からは「バンテリンドーム ナゴヤ」となった本拠地で思いっきり応援したいです。

2021年にはコロナの感染拡大が落ち着きますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください