【24時間テレビ2019】浅田真央タップダンスの曲名は?振り付けは誰?

テレビ番組

2019年の「24時間テレビ」の企画で浅田真央さんがタップダンスを披露します。

浅田真央さんと一緒にタップダンスを踊るのは立川ろう学校の生徒たちです。

タップダンスを踊る曲名や振り付けについてまとめました。

 

24時間テレビ「タップダンス」の曲名は?

浅田真央さんはフィギュアスケートとバレエの経験はありますが、タップダンスは初挑戦!

一緒に踊るのは立川ろう学校の生徒18名。

浅田真央さん、立川ろう学校の生徒18名と24時間テレビ放送中にタップダンスの生パフォーマンスを披露します。

 

タップダンスで踊る曲名は

「♪ やってみよう」

です。

熊本県出身の3人組ロックバンド「WANIMA(ワニマ)」の楽曲です。

 

「やってみよう」というWANIMAのメッセージの込められた曲は、浅田真央さんも気に入っている様子です。

「歌詞がすごいいいですよね。ぴったりな気がする」

と、新しいチャレンジの意気込みと重ねて共感していました。

>>「24時間テレビ」チャリティ駅伝の走る順番やアンカーは誰?ゴールタイムは?

 

スポンサーリンク

浅田真央さんが踊るタップダンスの振り付けは誰?

浅田真央さんと立川ろう学校の生徒さんのダンスの振り付けを担当したのは、HIDEBOH(ひでぼー)さん!

タップダンスといえば、HIDEBOHさん!

なので個人的にはあまり新鮮さがないというか驚きようのない人選でした!

 

HIDEBOH

・本名:火口 秀幸(ひぐち ひでゆき)

幼少の頃のあだ名「秀坊」がそのまま芸名の由来になっています。

・タップダンサーの父親の影響で7歳からタップダンスを始めました。タップダンス歴は44年にもなるんですね!!

・HIDEBOHさんのタップダンサーとしての知名度が上がったのは2003年の北野武監督「座頭市」のダンスシーン!

・振付師としては、2015年に「Legend Tokyo Chapter.5」という振付師のコンテストで4部門を受賞という結果!振付師としてのセンスも実力もピカイチです!

・HIDEBOHさんは現在51歳!

年齢よりも若く見えるのは、やっぱり体を動かしているからなんでしょうか^^カッコいいですね!

 

・2018年から「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に所属しています。

HIDEBOHさんは、現在「吉本坂46」のメンバーとしても活躍しているんですね!50代になっても新しい挑戦をしていることが若さの秘訣かもしれないです!

ちなみに「吉本坂46」の楽曲の振り付けもHIDEBOHさんが担当しています!

>>「24時間TV」土屋太鳳ブライトホルン登山ルートや費用は?初心者は登れる?

 

まとめ

2019年「24時間テレビ」で浅田真央さんと立川ろう学校の生徒18名が踊るタップダンスの曲名はロックバンドWANIMAの「やってみよう」です。

タップダンスの振り付けはタップダンサーのHIDEBOHさんが担当しています。

浅田真央さんが踊るタップダンスも気になりますが、立川ろう学校の生徒たちと「大勢で踊る」というのは現役時代にもあまり見たことがない姿なので楽しみです^^

タップダンス初挑戦の浅田真央さんと立川ろう学校の生徒たちのステージが成功することを祈っています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください