【24時間テレビ2019】武道館じゃないのはなぜ?会場はどこになる?

2019年の「24時間テレビ 愛は地球を救う」の会場が毎年恒例の「武道館」ではありません!

会場がいつもと違うのはなぜ?

武道館以外で「24時間テレビ」の会場になる場所は?

2019年の「24時間テレビ」開催場所を調べてみました。

スポンサーリンク

 

2019年「24時間テレビ」が武道館じゃない理由は?

2019年の「24時間テレビ」の会場が「武道館」じゃないのはなぜかというと、

24時間テレビの放送日「2019年柔道世界選手権」の開催会場と重なっているから、という理由です。

2019年の24時間テレビの放送日は、8月25・26日

2019年に開催される柔道世界選手権は、8月25日~9月1日

思いっきり丸かぶりです!

2019年の柔道の世界選手権は、東京オリンピックの代表戦も掛かっているので大事な大会となっています。

さらに「武道館」は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの「柔道」「空手」の会場となるために改修工事も決まっています。

こんな状況なので、24時間テレビの会場は「武道館」ではなく別の会場になりました。

 

スポンサーリンク

「24時間テレビ」会場が過去にも「武道館」じゃないことはあった!

2019年で42回目となる「24時間テレビ」の中で、武道館」が会場ではなかったのは過去に4回あります。

  • 第1回(1978年):郵便貯金ホール
  • 第2回(1979年):日本青年館
  • 第14回(1991年):東京都庁舎
  • 第32回(2009年):東京ビッグサイト

「24時間テレビ」が「武道館じゃない」って実は昔にもあったんですね!

「24時間テレビ」=「武道館」と定着したのは第3回からでした。

第14回のときは、「武道館改修工事」と重なっていたことで「東京都庁舎」に会場を変更。

さらに8月に日本テレビが「世界陸上」の独占放送を控えていたことから日程も24時間テレビには珍しい7月末の放送となりました。

【24時間TV2018】ブラインドダンス大会のルールと種目は?会場はどこ?

 

2019年「武道館」に代わる会場はどこ?

2019年の24時間テレビの会場は、現在まだ決まっていません。

両国国技館』に決定しました!

言わずとしれた「大相撲」の聖地です!

8月中は「大相撲」の本場所は「両国国技館」で行われないので使うことができるんですね!

9月から「大相撲秋場所」の会場となるので、両国国技館の使用が可能となりました。

 

ちなみに、武道館以外の会場を探すのは2019年の時点ではちょっとむずかしいと言われています。

今年から来年の時期は、2020年に開催される「東京オリンピック」のための施設の改修工事が多いんですよね。

なので、大きな会場が確保できないという現状があります。

他の大きな会場の中でも「東京体育館」や「東京スタジアム」なども2019年現在改修工事中です。

 

両国国技館のアクセスやキャパはどれくらい?

2019年の24時間テレビの会場となる場所は、過去の24時間テレビで一度も使われていない『両国国技館』の情報をまとめました!

「両国国技館」は、東京駅・上野駅から10分の距離です。

JR両国駅から徒歩1分都営大江戸線両国駅からは徒歩5分です。

収容人数は、定員11,098人という大きな会場となっています。

「両国国技館」は、最寄り駅から徒歩1分の距離ということで行きやすい会場ですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

2019年の24時間テレビの会場が武道館じゃないのは、柔道の世界選手権の開催と重なっているからです。

「武道館」の代わりの会場として、2019年の24時間テレビの会場は「両国国技館」に決まりました。

「24時間テレビ」=「武道館」っていうイメージは強いですね!会場が変わってしまうのでチャリティーマラソンのゴールの風景にも注目したいところですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください