【24時間テレビ2020ドラマ】志村けんコント音楽の原曲まとめ!センス良くてカッコいい!

2020年の「24時間テレビ」のドラマは、志村けんさんのスペシャルヒューマンストーリー!

志村けんさんのあまりテレビでは見せない素顔をドキュメント映像ドラマパートに分けて放送することになっています。

この企画の中で、志村けんさんが愛した音楽についても語られる予定です。

音楽好きな志村けんさんが厳選!ドリフのコントで使った音楽の原曲をまとめました。

 

志村けんが選んだドリフのコント音楽まとめ!

志村けんさんもメンバーとして活躍した「ドリフターズ」は、お笑いの注目度が高いですが、「ミュージシャン」としての活動も有名です!

そのドリフの人気コントの音楽、志村けんさんが推薦して採用されたものが多くあります。

音楽が大好きだった志村けんさんのセンスの光る選曲がすごい!

その使われた楽曲の原曲のカッコイこと!

志村けんさんが好きだったソウルミュージックやファンクやジャズ、クラシックまでとにかく音楽の幅が広くて驚きました。

 

ヒゲダンス

  • 原曲:♪ Do Me
  • アーティスト:テディ・ペンダーグラス

ドリフでは通称「ヒゲのテーマ」として有名です。

特徴的なギターリフを繰り返し使ってリズミカルなテンポに仕上げています。

誰もが知っているとっても有名な「ヒゲダンス」の曲、原曲もカッコいいです!

1970年代にソウルシンガーとして大人気だったテディ・ペンダーグラスは、ドラマーからソロシンガーへ転身後にヒット曲を多く生み出しました。

2009年にがんを患い闘病生活の末に2010年に59歳で亡くなっています。

「Do Me」は、テディのソロとしての3枚目のアルバム「テディ」に収録されています。

ちなみにテディ・ペンダーグラスは、志村けんさんと同じ1950年生まれです。

 

ドリフの早口言葉

  • 原曲:♪ Don’t Knock My Love
  • アーティスト:ウィルソン・ピケット

ベース音が印象的な楽曲に早口言葉を合わせるなんて斬新です!

アメリカのソウル・R&Bシンガー ウィルソン・ピケットが1971年に発売した楽曲です。

「ワンツースリー!」で始まる有名なヒット曲「ダンス天国」なども有名。

ウィルソン・ピケットは、2006年に64歳で亡くなっています。

 

学校コント(英語の授業)

志村けんさんが好きな楽曲のタイトルを引用

コントでモチーフにされた楽曲として志村けんさんが好きだったザ・ビートルズの「アイ・ミー・マイン」があります。

  • 楽曲:♪ アイ・ミー・マイン
  • アーティスト:ザ・ビートルズ

英語の授業コントで「I My Me Mine」と「私」の変格を答えなさい、という場面で「アーミーマー」と回答するという内容。

「私」以外にも、

  • 「あなた」⇒「ユーヤーユー」
  • 「彼」⇒「ヒーホーヒー」
  • 「彼女」⇒「シーハッハー」

など、デタラメな答えを変顔で答える志村けんさんの姿が大ウケ!

このコントは、真面目な大人たちが「正しい英語が伝わらない、教育の妨げになる」と抗議したことでも話題となりました。

 

志村けんさんが推薦したかどうか不明ですが、、、

ドリフのコントで使われたクラシック音楽があります。

  • コント:お食事タイプライター
  • 楽曲:タイプライター
  • アーティスト:リロイ・アンダーソン

夫婦コントでの食事のシーンで「何か音楽をかけろ」という夫に妻がかけた音楽がこれ。

 

軽快なタイプライターのカチャカチャという音と「チン!」というベルの音に合わせて食事をするため、慌ただしい食事となるところがポイントですw

この曲は、実際の演奏でもタイプライターが使われている面白い楽曲ですw

リロイ・アンダーソンといえば「シンコペートクロック」も有名な曲です。

時計の「カチコチ」という音を使った心地良いクラシック音楽、この曲もドリフのコントに合いそうです^^

志村けんさんのセンスの光る選曲によって、ドリフのコントがより面白くなっていたという事実に驚きました!

志村けんさんが好んで聴いていた音楽、とってもカッコいいんですね!

それ以外でもセンスの光る楽曲を使っていたドリフターズのコントの凄さを改めて知りました!

さすがミュージシャンという言葉が思わず出てしまう楽曲、それに合わせてテンポのいいコントを作るセンスに脱帽です!!

 

スポンサーリンク

志村けんが好きな音楽は?三味線の腕前もすごい!

志村けんさんの音楽好きは、親しい人なら誰もが知っていること!

ソウル・ミュージックにジャズ、ファンクなど、幅広いジャンルの音楽が好きだった志村けんさん。

「変なおじさん」のテーマ曲(?)は、沖縄民謡の「ハイサイおじさん」が原曲だったりと、耳馴染みのある曲を取り入れるのがとっても上手い人でした。

志村けんさんは、どんな曲がその場に合うのかという選曲がかなり上手い人だったと感じました!

ドリフのコントも音楽によって人気が出たといっても過言ではないですね!

 

ドリフターズではギターを担当していた志村けんさんは、津軽三味線を趣味として演奏しています。

上妻宏光さんの津軽三味線の曲「紙の舞」を気に入ったことから津軽三味線をはじめました。

志村けんさんの津軽三味線の腕前は指導した上妻宏光さんが驚くほど上達が早く驚いたという逸話があるほど。

志村けんさんが座長を務める舞台「志村魂」で三味線の腕前が披露されています。

 

志村けんさんの舞台以外で三味線を弾く姿が見えるのは2016年の「氷結」のCM!

このCMでは、上妻宏光さん、東京スカパラダイスオーケストラと共演して三味線を披露!

紋付き袴姿の志村けんさん、カッコいいです!

バカ殿様も登場して、とってもユニークなCMでした。

 

生き生きとした志村けんさんの姿をテレビなどで見かけるたびに「まだ生きているんだ」という錯覚に陥ります。

コメディアンとして、ミュージシャンとして、いつも明るい気持ちをくれる志村けんさんという存在をいつまでも心に留めていたいと思いました。

 

まとめ

音楽好きの志村けんさんが、「8時だョ!全員集合!」のコント「ヒゲダンス」や「ドリフの早口言葉」などの音楽を選んでいました。

ヒゲダンスの原曲は、テディ・ペンダーグラスが歌う「Do Me」、「ドリフの早口言葉」の原曲はウィルソン・ピケットが歌う「ドントノックマイラブ」が使われています。

ソウル・ミュージックやジャズ、ファンクなど音楽好きな志村けんさんのセンスの良い選曲で、ドリフのコントはさらに人気になったんだと改めて思いました。

当時のドリフの「8時だョ!全員集合!」の視聴者の心をしっかりと掴んだ音楽の良さを今こうして振り返ってみると面白いですね^^

志村けんさんと親交のあった研ナオコさんは、志村けんさんが亡くなったニュースで流れていたBGMを聴いて「これはケンちゃんの好みじゃない」と思ったんだそうです。

その選曲をした番組スタッフは悪くないんですが、志村けんさんならこんな時(というか自分が亡くなったニュースですが、、、)どんな曲を選んだのかなと思ってしまいました。

コメディアンとしては超有名ですが、音楽好きとしては知る人ぞ知る志村けんさんの音楽センスをもっと知ってみたかったなとしみじみと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください