アニメ【スパイファミリー】最終話ネタバレと感想!続編の伏線を考察!

アニメ「スパイファミリー」最終話「ペンギンパーク」の感想をまとめました。

第2シーズンに繋がる伏線など、続編に関わってくる内容などもチェックしてみました。

 

アニメ「スパイファミリー」最終話「ペンギンパーク」あらすじ・感想とネタバレ!

アニメ「スパイファミリー」最終話のタイトルは「ペンギンパーク」!

このお話は、原作マンガでは第2巻で読むことができます。

「スパイファミリー」の連載が始まる前の「読み切り」として発表された作品ですが、アーニャたちの状況やキャラ設定はまったく同じです。

 

「スパイファミリー」最終話〈ペンギンパーク〉あらすじ

水族館

ご近所さんの「旦那さん浮気でもしてるんじゃないの?」という噂話を聞いてしまったロイドは、「円満な家庭」をアピールするために家族でお出かけを提案します。

そこでアーニャ、ロイド、ヨルの家族3人で出かけた場所は「バーリント水族館」

水族館へ入る直前、ロイドは所属しているスパイ秘密組織WISE(ワイズ)の依頼を無理やり引き受けさせられますw

ペンギンに飲み込ませた秘密データを回収するという任務を遂行するため、水族館内にある「ペンギンパーク」へ。

ロイドの心を読んだアーニャは、大勢のペンギンの群れから喉がつっかえて苦しそうなペンギンを発見。

ロイドは、新人飼育員に変装してペンギンの確保を試みます。

そこへ怪しい人物が現れ。。。

というお話です。

※注意※ この先はストーリーのラストがわかってしまいますのでご承知の上お読みください。

 

「ペンギンパーク」感想とネタバレ

ペンギン

ロイドのスパイとしての能力の高さに驚かされたお話でした!

ベテラン飼育員でも難しいペンギンの見分けをすぐに習得したところが凄かったです!

大勢いるペンギンの名前もしっかりと覚えてしまって、ベテラン飼育員に驚かれてましたw

さらに大事なデータを飲み込んだペンギンの「ペャールズくん」にたどり着くため、ペンギンの大群をエサを武器に見事に操るという神業も披露!

ペャールズくんを見事に奪取したところ、海洋生物学者を名乗る怪しい人物が接触してきます。

急な任務のため、準備不足のロイドは怪しい人物を逃してしまいますがアーニャがそれを見ていました。

アーニャは怪しい人物にしがみつき「ゆうかいされる~」とヨルにアピール。

ヨルは大事なアーニャを取り返そうと強烈なキックをお見舞いします。

天井にブラーンとぶら下がる怪しい人物。。。

それを見ていたロイド(新人飼育員の姿)は「わお」と一言w

 

無事に任務が終了。

水族館の中で待ちぼうけのアーニャとヨル。

水族館で一緒になったご近所のオバサマ方は「旦那さん、やっぱり浮気よ」と言う始末^^;

そこへロイドが大きなペンギンのぬいぐるみを持って帰ってきました。

「ペンギンの名前当てクイズ」に挑戦した景品だというロイドは「難しくて何度も挑戦した」と。

「ちち うそつき」と一発で正解したことをアーニャだけが知るのでした^^

 

そしてフォージャー家にて

大きなペンギンのぬいぐるみと一緒にスパイごっこをするアーニャ。

秘密組織「ぴーつー」の「キメラちょうかん」と「ちょうほういん ぺんぎんマン」の入隊の儀式をお手伝いするアーニャが可愛すぎました^^

ぺんぎんマンを連れて(というか引きずって)フォージャー家の中を案内するアーニャは、最後に「ちち」「はは」の部屋へ潜入しようとします。

が、ロイドに見つかり怒られてしまいます。

アーニャが「いえでする~」と泣き叫ぶ姿をみて焦ったロイドは、ぺんぎんマンになりきって「世界平和のために次の任務に向かいましょう」と呼びかけますw

ロイドのぺんぎんマンを演じる声、思っていた声と違ってとっても良かったです^^

機嫌が直ったアーニャは、「2番街のお菓子屋さんが悪者に乗っ取られた」と新しい任務のため外出、、、

その後、街角では通りがかりの人に「仲良し家族ねー」と微笑ましい光景を振りまくフォージャー家の3人の姿がありましたw

 

スポンサーリンク

アニメ「スパイファミリー」続編 2シーズンに繋がる伏線はどこ?

アニメ「スパイファミリー」は、原作マンガでいうと第3巻までのお話となっています。

第1シーズン(12話分)のストーリー展開を見てみると、この先に繋がっていく事柄がありました。

 

MISSION 11:「〈星〉」

ラストに登場した白い大きな犬!

人命救助をして「星(ステラ)」を獲得したアーニャはご褒美に「犬がほしい」と言っていました。

原作マンガ通りのストーリーがアニメ化するなら、アニメ第2シーズンに新キャラとしてこの白い犬が登場することになります。

 

今後、フォージャー家の愛犬になるのがこの大きくて真っ白なワンちゃんです^^

「スパイファミリー」の世界観にふさわしい「未来予知」ができる犬です。

「未来予知」の能力を持つことがきたのは、「動物実験」から偶然に備わった力でした。

悲しい過去を持ったワンちゃんでしたが、「アーニャ、ロイド、ヨル」の3人が笑いかけてくれる未来のビジョンが11話のラストですでに見えていました。

第2シーズンでは、アーニャが偶然に白いワンちゃんと会うことになります。

まだ会ったことがないアーニャたちのビジョンが見えた瞬間、アーニャがワンちゃんの考えてることが見てしまいます。

「なんでアーニャん家しってる?」

と疑問に思ったアーニャはワンちゃんについていくのですが、なんとワンちゃんはテロリストたちに「爆弾犬」として仕事をさせられるところでした。

 

MISSION 12:ペンギンパーク

大きなペンギンのぬいぐるみ

バーリント水族館でクイズに正解したロイドが景品としてもらったペンギンのぬいぐるみ!

原作マンガ4巻で、アーニャがスパイごっこで「キメラちょうかん」と「ぺんぎんマン」で遊ぶシーンが登場します。

そしてその後、原作マンガ5巻で白いワンちゃん(名前は「ボンド」と名付けられます)が、ペンギンを可愛がるアーニャに嫉妬してボロボロにしてしまう、というお話が登場します^^

このお話、とってもほっこりする内容なのでアニメでもやってほしいなと思っています!

ボンドがフォージャー家に馴染んでいる姿もとってもいい感じです!

悲しい思いをしていた過去を時々思い出しているボンドですが、アーニャたちをとても大切にしているところがなんだかジンとしてしまうんですよね^^

 

第2シーズンに登場する新キャラクターは?

アニメ第2シーズンは、原作マンガでは4~6巻までになるのかな?と予想しています。

新キャラとして

  • フォージャー家の愛犬 ボンド
  • ロイドの同僚スパイ 夜帷(とばり)

原作どおりの内容ならば、この一人と一匹が新キャラとして登場すると思われます!

同僚のスパイ 夜帷は、ロイドの病院で一緒に働いている女性なのですが第1シーズンではまだ姿も見ていませんね。

 

その他、ヨルが料理の特訓をする話や、アーニャの学園生活での出来事など!

原作マンガどの話をとっても最高に楽しい話が満載です!

4~6巻までの内容もすごく面白いので、第2シーズンが放送されるのが待ち遠しくて仕方ないです!

 

まとめ

アニメ「スパイファミリー」最終話〈ペンギンパーク〉の感想と、第2シーズンの内容を考察してみました。

アニメはほぼ原作通りの内容が放送されたので、原作ファンとしてはとっても嬉しかったです^^

アニメ「スパイファミリー」の第2シーズンも制作決定とのことなので、10月が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください