【越路吹雪物語】花乃まりあの宝塚での人気や評判は?淡島千景はどんな人?

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

昼の帯ドラマ「越路吹雪物語」で、元宝塚花組娘役トップスターの花乃まりあさんが出演!

主人公である越路吹雪の後輩 淡島千景さんを演じます。淡島千景さんは「東京の三羽烏」と呼ばれるほどの人気役者でした。

そんな淡島千景さんを演じる花乃まりあさんの宝塚時代についてまとめてみました!

スポンサーリンク

花組娘役トップスター 花乃まりあはどんな人?

まずは、花乃まりあさんのプロフィールから紹介です。

花乃まりあ(かの まりあ)


出典:http://post.tv-asahi.co.jp/

  • 生年月日:1992年10月12日
  • 出身:東京都
  • 所属事務所:フロム・ファーストプロダクション

初舞台は、2010年の月組「スカーレットピンパーネル」

その後は、宙組へ配属となります。

2014年に花組へ組替え異動して、その年に花組娘役トップスターに就任。

初舞台から4年で娘役トップスターとなりました。

3年間、花組で男役トップスター明日海りおさんの相手役を務めた後に退団。

宝塚花組「ポーの一族」を観た感想!原作と違うところや舞台の評判は?

 

退団後の初のテレビ出演が「越路吹雪」となります。

なんと乙羽信子さん役の咲妃みゆさんとは同期の仲!

咲妃みゆさんと撮影が同じ時に思わずはしゃいでしまったと花乃まりあさん。

宝塚時代は、咲妃みゆさんは星組娘役トップスター、花乃まりあさんは花組娘役トップスターでしたので一度も共演が叶いませんでした。

この二人のツーショットは、とても貴重だと思います!

【越路吹雪物語】乙羽信子役の咲妃みゆの経歴や性格は?宝塚の評判も!

 

宝塚での娘役トップスターの時の評判は、、、良い人悪い人半々な感じです。

悪いという人の中には、

  • 大柄な体格だから明日海りおさん(男役トップスター)の相手役として似合わない
  • 歌がひどい

などけっこうな言われようなんですよね。

 

何故か嫌われいる印象の花乃まりあさん、理由は96期生だからというものでした。

世間的には大々的に知られていないのですが、96期生の中で一人だけ「いじめ」が原因で退学した生徒がいました。

いじめていた加害者として花乃まりあさんもその一人ではないかと言われているんです。

裁判にもなった事件でしたが、そのいじめに関わったのではないかとされている花乃まりあさんがトップになることを良しと思わない人たちから嫌われているみたいです。

 

個人的には、舞台上での花乃まりあさんしか知らないので、トップとしての実力もある人だなと観劇した時はそう思いましたよ。

「ミーアンドマイガール」でのサリー、良かったですよ!

普段のイメージとは違った田舎娘という役どころを花乃まりあさんはしっかりと演じ切っていました。

 

女性ばかりの集団なので、色々と深い闇があるのでしょうね、、、

真相は本人たちにしか分からないですが、お客さまに夢を与える舞台に立つタカラジェンヌがそんなウワサを立ててはいけませんね!

宝塚歌劇団の音楽学校の厳しい校則とは?先輩のいじめは本当にあるの?

 

淡島千景さんはどんな娘役トップスターだったの?

スポンサーリンク

淡島千景さんは、戦前戦後に活躍した宝塚の娘役トップスターでした。

 

淡島千景(あわしま ちかげ)


出典:https://ja.wikipedia.org/

  • 本名:中川慶子(なかがわ けいこ)
  • 生年月日:1924年2月24日
  • 没年月日:2012年2月16日(87歳)
  • 出身:東京都

淡島千景さんは当時、宝塚音楽学校で最高の成績で卒業した優秀な生徒でした。

舞台では久慈あさみ、南悠子と並んで東京の三羽烏と呼ばれる人気ぶりだったそうです。

手塚治虫さんが淡島千景さんの大ファンで「リボンの騎士」のサファイア王女は、淡島千景さんがモデルなんです。

娘役の淡島千景さんですが、何度か男役でも舞台に立っていたそうで、それを見た手塚治虫さんが男勝りなサファイア王女のようなキャラクターを作りました。

淡島千景さんを慕う後輩には、扇千景さん、淡路恵子さんがいます。名前を見る通り二人とも「淡島千景」の名前の一部を頂いているんです。

越路吹雪さんのほうが2年先輩なんですが、とても仲が良い二人でした。宝塚の寮でどじょうすくいをしたり、ふざけ合って笑いあったというエピソードも。

越路吹雪の宝塚時代の人気や評判は?性格と私生活や退団理由も!

9年間の宝塚歌劇団に所属、その後は映画女優として活躍していきます。

退団のときは、宝塚から引き止められるほど必要な人材だった淡島千景さんでしたが、退団する気持ちに変わりはありませんでした。

この意見の行き違いで、淡島千景さんは宝塚歌劇をクビにされてしまいます。その後、宝塚側から撤回を申し入れられたことで和解をしました。

 

生涯現役で女優として生きた淡島千景さんは、独身のまま87歳で膵臓がんで亡くなりました。

【越路吹雪物語】瀧本美織の出身は宝塚歌劇?経歴や歌唱力の評判は?

 

まとめ


出典:http://post.tv-asahi.co.jp/

越路吹雪物語で淡島千景さんを演じる花乃まりあさんは、宝塚花組娘役トップスターとして、活躍していました。

越路吹雪さんと後輩である淡島千景さんはとても仲が良く、戦後の宝塚歌劇を共に盛り上げてきた仲間でした。

戦前戦後の厳しい時代に、華やかな宝塚歌劇の舞台を見た人は明るい気持ちになったんじゃないかと思います。

今現在も宝塚歌劇はその思いを引き継いで舞台を続けていると思うとタカラジェンヌたちの歴史の深さを感じます!

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【平昌五輪】選手村に食事の持ち込みは?

【平昌五輪】選手村に食事の持ち込みは?

日本人専用の食事施設「G-Road Station」って何?

リップクリーム2017おすすめを紹介!

リップクリーム2017おすすめを紹介!

コスパ、保湿、長持ちするのはどれ?

2017コンビニの中華まんのおすすめは?

2017コンビニの中華まんのおすすめは?

市販の鍋の素!とれが美味しい?

市販の鍋の素!とれが美味しい?

2017-2018冬!
お気に入りの「鍋の素」を探そう!

2017年コンビニおでんを比較!

2017年コンビニおでんを比較!

セブンイレブン、ローソン、ファミマ!
美味しい具材はどれ?