福島原発の燃料デブリって何?取り出さないと危険な理由や過去の事例も!

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

福島第一原子力発電所3号機の中に「燃料デブリ」がある可能性が出てきました。

その「燃料デブリ」って何?

取り出して処理しなくては危険な状態になるというのですが、

こういった状態は過去の原発事故でもあったのでしょうか?

福島原発の燃料デブリと危険性、その取り出す方法について調べてみました!

スポンサーリンク

福島原発の現状!燃料デブリとは?

東日本大震災から6年、福島原発の廃炉の行方がまだまだ確定しません。

相手は生身の人間では太刀打ちできない放射能とあって作業が難航しています。

6年経った今も、調査ロボットでもうまく作業が進んでいません。

ロボット作業でも1年以上の遅れが出ているというので、問題が積み重なっていくばかりです。

 

そして2017年7月中旬に新たな情報が分かってきました。

 

福島第一原子力発電所3号機で、震災によって壊れた格納容器の中に「燃料デブリ」が見つかった

という情報が出てきました。

 

 

燃料デブリとは、

原発事故で溶けてしまった核燃料が、原子炉の中のコンクリートの壁や他の金属と混ざってしまって固まってしまったもの。

 

 

この燃料デブリを取り除くための作業を行わなくてはいけないことが発表されました。

4年分の計画表の工程にはない作業ということで、平静33年までには「燃料デブリの取り出し」を開始するということになるようです。

小池百合子都民ファーストの会の一次公認候補メンバーは誰?経歴も調べた!

 

 

燃料デブリを取り除く理由と危険性!

スポンサーリンク

福島原発の廃炉作業のため、核燃料の全てを原子炉から除去する必要があります。

今回の「燃料デブリ」も核燃料を含んだ塊ということで、原子炉から取り出すことになります。

2017年9月に取り出し作業をする予定ということです。

 

しかし、燃料デブリは放射線量がとても高いという特徴があります。

その特徴をさらにまとめると

・高い放射線量によって人が近づけない

・冷え固まった燃料デブリは、すごく硬いために取り出しが困難

という危険な状態です。

 

人が近づけないという状況を簡単にまとめると

福島原発の放射線量が 毎時73シーベルトあったという記録があるのですが

この数値で人間は5分も生きていることができません

 

燃料デブリの放射線量はどれくらいなのかは調査記録はないのですが

核燃料が混ざっているというだけで危険です。

人が近づけない放射線量を放っていることが考えられます。

 

あまり聞きなれない「燃料デブリ」という言葉ですが、今までも原子炉から取り出す作業をしてきたのでしょうか?

きちんと取り出しに成功しているのか気になります。

では、過去の原発事故の例を見てみましょう。

地震災害に備える非常持ち出しグッズのリストまとめ!便利な保存食も!

 

 

燃料デブリの過去の取り出し事例はある?

過去の原発事故でも「燃料デブリ」は見つかっています。

 

1979年アメリカで起きた「スリーマイル島原発事故」では、

溶けた核燃料が原子炉内のいろいろな物質と混ざって「燃料デブリ」となりました。

しかし、この事故では原子炉の圧力容器の中で固まっていたために「燃料デブリ」の取り出しに成功しています。

1990年に全て取り出し完了ということで、

事故から11年後に「燃料デブリ」の取り出しが完了したということになります。

 

このケースは、燃料デブリを取り出すのには都合のいいケースでした。

 

 

が、1986年に起きた旧ソ連のチェルノブイリ原発事故では、燃料デブリの取り出しが出来ない状況となっていました。

チェルノブイリ原発では、圧力容器や格納容器がなかったことで燃料デブリが原子炉建屋の底で固まってしまいました。

事故から30年以上たっていますが、現在も「燃料デブリ」は残ったままです。

燃料デブリが固まった形から「象の足」と呼ばれています。

 

チェルノブイリ原発事故は、現在も「燃料デブリ」が残ったままということで

今回の福島原発の燃料デブリの取り出し作業がうまくいくのかが気になるところです。

 

原子炉の中の状態によってうまく取り出ができるようですね。

原子力発電の恩恵を受けるありがたさを感じていたのですが、やはり人がコントロールできない力がある原子力という怖さを6年経っても感じています。

計画を工程どおりに進めることも必要ですが、状況判断でさらなる事故がないようと思っています。

ヒアリ対策ができる腕足カバーの値段と購入方法は?洗っても効果はある?

 

 

 

まとめ

燃料デブリとは、溶けた核燃料と原子炉内の壁や金属が混ざり冷えて固まったもの。

福島原発の廃炉のために「燃料デブリ」は取り除く必要があります。

廃炉の工程通りに作業を進めると平静33年には廃炉を開始ということですが、予定通りにいかない可能性も出てきました。

慎重な作業を行わないと二次災害などの事故も考えられます。

廃炉は実現させなくてはと思いますが、内部の様子が全て分かっていないので状況の判断が難しいですね。

「燃料デブリ」の取り出しが順調にいって廃炉の準備が進むようにと思います!

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブルゾンちえみの新ユニット!

ブルゾンちえみの新ユニット!

ロイヤルフラッシュのメンバーは誰?
With Bは?

リップクリーム2017おすすめを紹介!

リップクリーム2017おすすめを紹介!

コスパ、保湿、長持ちするのはどれ?

2017コンビニの中華まんのおすすめは?

2017コンビニの中華まんのおすすめは?

封神演義が再アニメ化!初代キャストまとめ!

封神演義が再アニメ化!初代キャストまとめ!

『かいしんの一滴!』スライム目薬が新発売!

『かいしんの一滴!』スライム目薬が新発売!

売切れ店続出中!販売店舗や値段は?

ZIP!青空キャラバン!

ZIP!青空キャラバン!

セレイナ・アンの卒業の理由は?