【M-1決勝2019】オズワルドの漫才は面白い?芸歴やコンビ名の由来は?

テレビ番組

「M-1グランプリ2019」決勝進出したオズワルドってどんなコンビ?

芸歴やネタは面白い?

「M-1グランプリ2019」進出コンビ「オズワルド」についてまとめました。

 

「M-1グランプリ2019」決勝進出!オズワルドってどんなコンビ?

「オズワルド」は、畠中悠さんと、伊藤俊介さんからなるお笑いコンビです。

オズワルド


出典:https://profile.yoshimoto.co.jp/

  • 結成:2014年
  • 所属:吉本興業 東京本社

ネタは主に漫才をしています。

サスペンダーを衣装に取り入れたのは、先輩であるゆにばーすの川瀬名人のアドバイスから。

>>「ゆにばーす」川瀬名人は「M-1優勝」で引退?理由や相方はらちゃんの反応は?

結成5年目、5度目の挑戦で「M-1グランプリ」決勝進出となりました!

>>【M-1グランプリ2019】決勝の放送はいつ?出演コンビと敗者復活は誰?

畠中悠(はたなか ゆう)

  • ボケ担当(写真左)
  • NSC17期生
  • 生年月日:1987年12月7日
  • 出身:北海道
  • 趣味・特技:映画鑑賞、良い出汁を取ることができる

畠中さん家は、昆布を取る漁師なので「出汁」については詳しいんでしょうか(笑)

「オズワルド」を結成する前は「畠中ゆう」という名前でピン芸人をしていました。

 

伊藤俊介(いとう しゅんすけ)

  • ツッコミ担当(写真右)
  • NSC17期生
  • 生年月日:1989年8月8日
  • 出身:千葉県
  • 趣味・特技:お笑いライブめぐり、100人のこどもをまとめられること

容姿の特徴は丸メガネをかけていること。

6年間サッカーのコーチをしていたことから子供のまとめ方が上手なんですねw

もうひとつ特技として「何も感じずに土下座ができる」とのこと!

この「どこでも土下座」という技はバイト先で培ってきたというので「どんなバイトだ!?」と気になってしまいました(笑)

女優の伊藤沙莉さんはさん!

なんと「M-1グランプリ2019」決勝進出の結果をフライングでツイッターでつぶやいてしまったのだそう^^;

「オズワルド」初の決勝進出の結果が嬉しすぎたのかもしれないですが、このことに兄はきちんと怒ったそうですw

 

スポンサーリンク

オズワルドのネタは?漫才は面白い?

オズワルドは、畠中さんの絶妙なボケと、伊藤さんの鋭くないツッコミが特徴です。

伊藤さんのツッコミは、ちょっとテンション低めですが、聞きやすいハッキリした声なんでうハマるとツボですw

畠中さんのダメキャラを諭すような優しいツッコミは、ラストまでジワジワと笑ってしまう中毒性がありますね!

 

ネタの始まりは、決まって「お世話になってます」でスタート!

その後に必ず、「畠中と伊藤」と自己紹介します。

さらに、ネタ中も何度も「畠中」と相方の名前を自然と呼ぶところは漫才の基本がなっているなと感心です。

自然なネタ運びで「オズワルド」の世界に引き込ませるのは伊藤さんのツッコミがあってこそではないかと思います!

 

オズワルドの漫才のスタイルが今のようになったのは2017年から。

それまでは「ノーツッコミ」の漫才でした。

このスタイルで2016年は「M-1グランプリ」1回戦敗退、、、ここからちゃんとツッコミをするようになり、段々とウケてくるようになりました。

漫才のやり方を試行錯誤をしたいい結果が出ているのは、2019年の今なのかもしれないですね!

 

ネタの内容は、どこにでもあるような珍しくない内容ですが「中身」は秀逸です!

「買い物」ネタでは、ロードバイクとゴールデンレトリバーのどっちを買うか悩む畠中さんに冷静に対応する伊藤さんの空気感がたまりません(笑)

>>【M-1決勝2019】からし蓮根のネタは面白い?芸歴やコンビ名の由来は?

 

オズワルドの芸歴とコンビ名の由来は何?

「オズワルド」は2014年結成、2019年で芸歴5年になります。

これまでに受賞したお笑いコンテストでの成績はゼロ!

賞レースについては、すべて「M-1グランプリ」の出場なので驚きいます!

2015年の結成1年目からずっと「M-1グランプリ」に挑戦し続けてきています。

一番良い成績で「3回戦出場」まででした。

今年は今までよりも大きくジャンプアップして「決勝進出」!!

落ち着いたオズワルドの雰囲気と、ネタの面白さがうまく会場の雰囲気にマッチすればかなりウケはいいはず!と個人的に予想しています。

 

ツッコミの伊藤さんの雰囲気は「おぎやはぎ」の矢作さんを思い出すんですよね!

漫才の始め方も「おぎやはぎ」にちょっと似ています!

「おぎです」「やはぎです」「おぎやはぎですけど何か?」

という漫才の始め方はおぎやはぎが登場した2000年頃は衝撃でした!

こんなゆるい漫才師もいるんだな~と思ったものでしたw

そういえば「おぎやはぎ」は過去2度「M-1グランプリ」に出場経験がありますね!

元気のいい漫才とはかけ離れた漫才に当時審査員だった立川談志師匠が妙に絶賛していたのを思い出します^^

 

オズワルドのコンビ名の由来は、現在はどこにも発表がありませんね。

「オズワルド」で思い出すのは、ディズニーの「ミッキーマウス」よりも前に誕生していたネズミのキャラクター「オズワルド」!

コンビ名の由来に関係があるのか、ちょっと気になるところです。

 

オズワルドはオズワルドの味があるので、「M-1グランプリ2019」の本番の舞台でもいつもどおりの漫才を披露してくれることを願っています!

>>【M-1決勝2019】すゑひろがりずのネタは面白い?芸歴や衣装の着物は自前?

 

まとめ

「M-1グランプリ2019」決勝に進出した「オズワルド」は、2014年結成の芸歴5年のお笑いコンビです。

おおらかな雰囲気でボケる畠中さんと、鋭くないツッコミでネタをすすめる伊藤さんからなる「オズワルド」の漫才はとてもおもしろいです^^

個人的に「おぎやはぎ」のネタは大好きだったので、こんな雰囲気のお笑いコンビが再び出てきてくれて嬉しいです^^

「M-1グランプリ2019」の舞台で、いつもの雰囲気のオズワルドが見れるといいなと思ってします!応援しています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください