【光化学スモッグ注意報】外出時の対策!発生条件と発令解除の時間は?

2019年の夏は「光化学スモッグ」の発生が今までより多くなるという予測がされています。

私の住んでいる地域でも2019年5月中旬にまさに「光化学スモッグ注意報」が発令されました。

一体どう対処すればいいのか、その時は本当に迷いました。

「光化学スモッグ注意報」が発令された時にどう対処すればいいのかをまとめました。

 

「光化学スモッグ」の体への影響と外出時の対処方法は?

「光化学スモッグ」とは、

自動車の排ガスや工場の煙に含まれる窒素酸化物などが、日光の中にある紫外線と科学反応を起こすと発生する「光化学オキシダント」

この「光化学オキシダント」が白いモヤを作ってしまう状態を「光化学スモッグ」と言います。

 

光化学スモッグは、人が吸ってしまうと

  • 目の痛み(チカチカと刺すような小さな痛み)
  • 喉の痛み(ヒリヒリする)

といった軽い症状が出てきます。

【対処】

  • 目を洗う
  • うがいをする
  • 室内で安静に過ごす

これで症状が解消されます。

 

重症になると

  • 手足がしびれる
  • めまい・頭痛・発熱・嘔吐
  • 意識障害

という普段の生活に支障が出る症状が現れます。

【対処】

内科を受診(自治体によって医療費助成あり)

 

「光化学スモッグ注意報」が発令された時には

屋内にいることが一番安全です。

対策として

部屋の窓を閉めて「外気を室内に入れない」

を行うと「光化学スモッグ」の侵入が防げます。

 

外出している時に「光化学スモッグ注意報」が発令された時は

屋内へ入るようにしましょう。

マスクでは「光化学スモッグ」は防げません。

「光化学スモッグ」の主成分「オゾン」は、「PM2.5」などのような粒子ではなく「気体」そのものです。

マスクは空気中の塵などを防いでくれますが、気体となるとマスクを通過してしまいます。

 

「光化学スモッグ」が発生している地域は、屋外は絶対に危険です!

外気の入ってこない屋内が安全な場所となります。

 

・その他

外に干してある洗濯物には影響がありませんが、慌てて取り込むと危険なので夕方まではそのままにしておくほうが安全です。

 

体への影響を最小限にするために「光化学スモッグ注意報」が各地域で発令されます。

「光化学スモッグ注意報」は、未然に体への影響を予防」するために発令されます。すぐに体など症状が出なかったからといって屋外へ居続けるのは危険ですよ!

>>福島原発の燃料デブリって何?取り出さないと危険な理由や過去の事例も!

 

スポンサーリンク

「光化学スモッグ注意報」の発令条件と解除はいつ?

「光化学スモッグ注意報」の発令と解除は、住んでいる地域の防災無線スピーカーなどからお知らせがあると思います。

2019年5月に私の住んでいる地域でも防災スピーカーから発令と解除の放送が流れました。

 

「光化学スモッグ注意報」が発令される条件

空気中の「光化学オキシダント」の濃度が0.12ppm以上になった時

とされています。

「ppm」とは「パーツ・パー・ミリオン」と読みます。

「100万分の~」という意味で、

「1ppm」の光化学オキシダント濃度は「1立方メートルの大気に100万分の1立方メートル」となります。

ちなみに私の住んでいる地域では「0.40ppm以上」の光化学オキシダント濃度で「重大警報」となります。(全国共通でしょうか)

「1ppm」とは、かなり高い光化学オキシダント濃度です!こんな数字はおそらく記録されないはずです^^;

 

「光化学スモッグ」が発生する状況は、

風が弱めの晴れた気温の高い日中

に発生しやすいとされています。

 

【光化学スモッグ 発生条件】

  • 時期:5月~9月(4月、10月も注意)
  • 時間:10時ころ~17時ころ
  • 天気:晴れ、薄く雲がかかった気候(雨の時は発生しない)
  • 気温:25℃以上の風が強くない暑い日

 

「光化学スモッグ注意報」が解除される条件は

光化学オキシダントが0.12ppm未満になった時

とされています。

「光化学スモッグ注意報」の発令から時間がたったからといって「光化学スモッグ」はなくならないので解除の放送や地域の情報をしっかり確認してください。

 

「光化学スモッグ」や「光化学スモッグ注意報」の問い合わせは、住んでいる県などのホームページにあります。

管轄は「環境局」。地域によっては「大気」や「環境公害」などと名前が違うかもしれません。

>>コインランドリーでカーペットを洗うと料金はいくら?時間やシステムも!

 

まとめ

「光化学スモッグ注意報」が発令された場合は、外出している場合は屋内へ移動してください。マスクでは防ぐことはできません。

待機中に「光化学スモッグ」の成分「光化学オキシダント」が0.12ppm以上ある場合に「光化学スモッグ注意報」が発令されます。

「光化学スモッグ注意報」の解除は「光化学オキシダント」の能動が0.12ppm以下になった時が目安です。各地域の防災無線スピーカーで放送があります。もしくは市役所など住んでいる地域へ問い合わせてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください