咲妃みゆの宝塚娘役トップ時代の経歴は?演技の評判や性格はどんな人?

咲妃みゆさんは元タカラジェンヌ雪組の娘役トップスターでした。

宝塚退団後は、舞台やドラマにも出演する女優として活躍しています。

咲妃みゆさんの宝塚時代の経歴などまとめてみました。

 

元タカラジェンヌ!咲妃みゆさんの経歴は?

咲妃みゆさんは、雪組の娘役トップスターとして活躍されていました。

個人的に現役時代からファンとして舞台を観にいっていたタカラジェンヌさんです^^

まずは咲妃みゆさんの経歴を紹介です。

咲妃みゆ(さきひ みゆ)

  • 生年月日:1991年3月16日
  • 出身:宮崎県児湯郡
  • 血液型:A型

宝塚音楽学校へ2008年に入学します。

2010年に宝塚歌劇団96期生として初舞台を踏みます。

2014年に雪組の娘役トップスターに就任。

トップスターになったのは初舞台から4年目!娘役トップスターとしては順調な早さでのトップスター就任です。

ちなみに黒木瞳さんは入団2年目で娘役トップスターに!この記録は最速です!

>>大地真央の宝塚トップ時代の人気は?相手役の黒木瞳との仲も調べた!

咲妃みゆさんのお相手となったのは男役トップスター早霧せいな(さぎりせいな)さん。

二人は同時期にトップになり、同じく同時に退団をしている相思相愛なトップスターコンビでした。

2017年7月まで2年間トップスターを務めました。

>>【みいつけた!】に出演!早霧せいなの宝塚男役トップ時代の人気は?

 

スポンサーリンク

咲妃みゆさんの性格はどんな人?

咲妃みゆさんの性格は、ひたむきで一生懸命!

トップとしてコンビを組んだ早霧せいなさんに一途に添う姿に、健気だなーとも感じました。

早霧せいなさんとの相性も良かったとは思いますし、お互いを認め合っていた相思相愛コンビという印象もあります。

ちょっと先走ったりして慌てた姿も可愛かったですが、それを早霧せいなさんが受け止めてくれる姿はまた微笑ましかったですね^^

そんな咲妃みゆさんですが、舞台に立つと別人のようで、相手役の早霧せいなさんは「舞台度胸がある」と言っていました!まさにそのとおりなんだと思います!

 

咲妃みゆさんの宝塚での演技力や評判は?

咲妃みゆさんの印象は見た目は「可憐」なんですが、いい意味でギャップのある役者さんだと感じています。

芯の強さのある女性を演じたときの迫力がすごいです!(「幕末太陽傳」で演じたおそめ役が特に!)

見た目以上に迫力のある演技をするので、同じ人かと疑うほどに変わってしまうところに驚くことが多かったです。

娘役トップスターのときに演じた中で印象にあるのは「るろうに剣心」のヒロイン神谷薫!

活発な性格の薫ちゃんを見事に演じて原作のイメージを壊さないでくれたのは嬉しかったです^^

 

演技の他にもにも定評がありました^^よく通る声でとても伸びやかできれいな歌声が素敵です!

また歌声も見た目とまったく違う力強い声なのも印象的でした。

初めて歌声を聴くと、『こんな小柄な女性なのに!』とか『こんな声が出るんだ!』という衝撃が一発きます(笑)

>>【ZIP!レポーター】花乃まりあの宝塚娘役トップ時の人気は?性格や年齢も!

宝塚を退団したときは「惜しまれつつ退団」とお決まりのようなフレーズで書かれていましたが、個人的には本当にそのとおりと思うほど素敵なタカラジェンヌでした!

入団7年目にしての退団は早いかなと思うのですが、お相手の早霧せいなさんとの同時退団はファンにとっては嬉しい気持ちもありますので複雑です^^;

二人で退団なんて「ベストカップル」としか言いようがなかったです!

>>宝塚歌劇団の音楽学校の厳しい校則とは?先輩のいじめは本当にあるの?

 

まとめ

咲妃みゆさんは、く娘役トップスターとして活躍していた人です。

宝塚歌劇団での咲妃みゆさんは、どんな役でもこなす度胸のある娘役トップスターでした。「惜しまれつつ退団」と言われるほど演技に歌に文句なしの(個人的な意見もありますが)素晴らしいタカラジェンヌでした。

宝塚退団後も、咲妃みゆさんの姿をドラマや舞台でまた見られるのは嬉しいです^^これからの活躍も応援したくなります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください