ZIP朝ドラマ【クレッシェンドで進め】19話感想!レコード店主は誰?

クレッシェンドで進め

日テレ朝の情報番組「ZIP!(ジップ)」

朝ドラマ「クレッシェンドで進め」第19話は、合唱の練習に参加したい錦木くんの秘策と合唱の自由曲が決定?!というお話でした。

樫くんが訪れたレコード店の店主さん、なかなか存在感のある人だったんですが、、、いったい誰??

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」19話の感想をまとめました。

 

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」19話の感想!錦木くんが口パクで合唱参加?!

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」第19話は、音痴だからと合唱の練習に参加しなかった錦木くんがついに練習に加わりました!!

 

花山高校 3年C組

錦木くんはみんなの前で歌声を披露したんですが、なかなかの美声!

音痴だと聞いていたのに、3年C組全員が驚いていました。

だけど、なんだか様子がおかしい、、、と、おもったら背の高い錦木くんの後ろでモチノキくんが歌っています。

なんと錦木くん、歌っている振りをする口パクをマスターしました!

苦肉の策ですが、栗田くんたちは拍手で大歓迎します!

そして錦木くんのサボりを咎めていた青木さんも「突っ立っているよりましか、、、」と諦め半分で認めてくれました。

錦木くん、青木さんの反応を気にしていたので、ホッとした顔をしていました^^

そんな中、藤田さんはちょっと浮かない顔。

樫くんと二人で帰っているときでも「あれでいいのかな?」と納得いかないような顔をしていました。

商店街を歩いていたふたり、樫くんはまたあの曲が流れていることに気が付きました。

慌てて音がする方へ向かっていった樫くんは、レコード店を発見。

中に入ると、店主さんらしき人が流れている曲について説明をしてくれました。

ヤバティっていうミュージシャンでな

これだけ発表して引退したんだよ

このレコード貸してあげようか?

 

樫くんはそう言われても、レコードを聴くプレーヤーがないから、とちょっと尻込み^^;

花山高校だろ?レコード持ってる人知ってるよ

 

3年C組教室

大きなスピーカーを抱えた黒島先生の姿。

レコードプレイヤーを持っていたのは、黒島先生でした。

店主の文句を言う不満そうな黒島先生でしたが、生徒のためを思って重たい機材を運んでくれたんですね^^

 

さっそくレコードをかけると、3年C組のクラスのほとんどの生徒が

聞いたことある

という反応でした。

黒島先生いわく、あのレコード店では夕方になるとこの曲を流しているんだとか。

聞き馴染みのある曲を聴いてノリノリな3年C組!

自由曲が決まったな

柳田くんが嬉しそうに言いました^^

 

和やかな雰囲気だったのですが、藤田さんが突然

口パクはやめて錦木くんも一緒に歌わない?

そう言ってきました。

口パクで練習参加でよかったはずなのに、錦木くんの表情が固まってしまいました^^;

 

藤田さん、やっぱりみんなで合唱を楽しみたいという想いが強いんでしょうか。

錦木くんの笑顔が見れて嬉しいお話だったのに、錦木くんはどう返事するの?

第20話も楽しみです!

 

スポンサーリンク

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」19話のレコード店の店主は誰?

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」第19話に登場したちょっと個性強そうなレコード店の店主さんは一体誰?

樫くんたちが通う高校の近くの商店街のレコード店の店主さんは

マンモウ飯田さん

実はマンモウ飯田さんは、お笑いコンビ「ずん」のやす(飯尾さんの相方)の元相方の人!

地元の長野県での活動が中心の芸人さんです^^

ずんのやすさんとは今もとっても仲良し!

さらに言うと、飯尾さんとも仲がいいようです^^

マンモウ飯田さん、今後もドラマに登場するかもしれないのでチェックしておきたいです!

 

まとめ

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」第19話の感想をまとめました。

錦木くんの練習サボり問題も解決して自由曲も決まりました!

だんだんと進んでいく3年C[組の合唱コンクールの準備、本番が楽しみでなりません^^

自由曲は、朝ドラマのために「ヤバイTシャツ屋さん」が描き下ろした「hurry」という楽曲になっています。

19話ではバンド演奏バージョンが流れましたが、今後は3年C組の合唱バージョンを聞くことになるんですね!

樫くん演じる細田佳央太さんいわく、「歌ってて楽しいけど、難しい、、、」という感想のこの楽曲で優勝を目指して頑張っていく姿を見るのがたのしみです^^

第20話も気になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください