ZIP朝ドラマ【クレッシェンドで進め】7話の感想!樫くんリーダー失格?

クレッシェンドで進め

日テレ朝の情報番組「ZIP!(ジップ)」

朝ドラマ「クレッシェンドで進め」第7話は、合唱コンクールの練習をリーダーとしてまとめられず落ち込む樫くんの回でした^^;

樫くんの個性って何?

悩んでいた樫くんでしたが、ラストでちょっと見えてきた気がしました^^

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」第7話の感想をまとめました。

 

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」第7話の感想!樫くんの個性って?

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンド進め」第7話は、合唱コンクールの練習をうまくまとめられない樫くんが自信をなくしてしまうお話。

 

樫くんがリーダーとなって始まった男子テノールパートの練習でしたが、樫くんよりもハギノくんのほうがまとめ上手なのがわかってしまいます、、、^^;

「樫くんらしい」

「樫くんの個性」とは?

担任の黒島先生に聞いても「おれは樫じゃないからわからない」

両親に聞いても「個性のかたまりよ!」というだけで具体的に答えてくれず^^;

ますます自分に自信が持てなくなっていく樫くん、ここが成長ポイントなのかも!と見ていて応援したくなりました!

樫家で食べていたカレーに「お前は個性のかたまりだよ、色も匂いもオンリーワンだ」とつぶやく樫くんが可愛かったです^^

 

花山高校 3年C組の教室

合唱コンクールの課題曲「心の瞳」を全員で歌っています。

指揮者の樫くんは、個性豊かなC組のメンバーを眺めてながらの指揮。

そんなクラスメイトたちの中で、テノールの伊調くんアルトの鈴竹さんが苦しそうな顔で歌っていることに気づきます。

 

全体練習が終わって、パート練習へ分かれていく生徒たち。

伊調くんの声を「妖精みたいな声」と同じパートの栗田くんたちが褒めています。

そして鈴竹さんさんの声を「カッコいい」とアルトパートの女子が褒めています。

それを見て「なんかおかしい」と違和感を感じている樫くん

樫くん、クラスの誰も気づかない伊調くんと鈴竹さんのことに気づいていました!

平凡な学生生活を送ってきた樫くんですが、ラストには樫くんの良いところが見えてきた気がして嬉しくなりました^^

第8話が気になります!

 

スポンサーリンク

まとめ

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」第7話の感想をまとめました。

樫くんがリーダーシップとは?とスマホで検索したり、両親に「個性的って?具体的に?」と食い気味で聞くところなどなど、

なんとか自分に自信をつけようと必死なところが面白かったです^^

ラストには樫くんは伊調くんと鈴竹さんの違和感に気づいていました。

樫くんの個性、きっと誰も気づかない小さな変化に気づいてあげられることなんじゃないかなと思いました^^

樫くん、どうやって二人の「なにかおかしい」ということを解決に導くのか?!

伊調くんと鈴竹さんが笑顔で練習ができるようになれるのか、第8話がとっても楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください