映画【蜜蜂と遠雷】鈴鹿央士の演技は上手いか評判は?風間塵はどんな役?

恩田陸さんが原作の「蜜蜂と遠雷」が映画化!

4人のピアニストたちが音楽コンクールに挑む物語です。

物語の重要な鍵となるキャラクター「風間塵」を演じるのは、鈴鹿央士さん!

鈴鹿央士さんはどんな人?風間塵はどんな人物なのかもまとめました。

 

鈴鹿央士さんはどんな人?デビューのきっかけは?

鈴鹿央士さんのプロフィールはこちら。

鈴鹿央士(すずか おうじ)

  • 生年月日:2000年1月11日
  • 出身:岡山県岡山市
  • 身長:178センチ
  • 血液型:O型

 

鈴鹿央士さんの芸能界デビューのきっかけは、鈴鹿央士さんの通う岡山県の高校に映画のロケがきたことから。

広瀬すずさん主演の映画「先生、好きになってもいいですか?」のエキストラとして参加した時に、広瀬すずさんが鈴鹿央士さんを発見。マネージャーさんに「スカウト」を薦めました。

鈴鹿央士さん、よっぽど目立つ存在だったんでしょうね!光る何かを広瀬すずさんは感じたんですね!

 

スカウトされた当時の鈴鹿央士さん、高校二年生で17歳でした。

岡山県の高校を卒業後に東京の大学へ進学、広瀬すずさんと同じ事務所へ入りました。

 

芸名の由来は、自分を見つけてくれた広瀬すずさん!「広瀬すず」さんの「すず」を入れて「鈴鹿央士」となりました。

芸能界入した2018年に「メンズノンノ」の専属モデルオーディションでグランプリを獲得

広瀬すずさんの先見の明、すごいですね!!

 

スポンサーリンク

鈴鹿央士さんの演技力は?これまでの出演作まとめ!

鈴鹿央士さんは2018年にデビューしたばかりということで演技力については未知数ですね!

 

これまでの出演した作品は、映画1本、岡山県のPRムービー2本です!

・映画「蜜蜂と遠雷」:風間塵 役(2019年10月公開)

・「岡山弁 de プロポーズ」:2話、4話

この方言でプロポーズシリーズは、いろんな都道府県では定番なんでしょうか??

映画の公開もまだなので、「岡山弁de プロポーズ」の鈴鹿央士さんの演技を見てみるとかなり初初しいです!!

ちょっと話がいまいち入ってこないくらい鈴鹿央士さんのイケメンぶりが気になってしまいます!w

「岡山弁deプロポーズ」第2話『卒業式のおまじない」編です。高校卒業というシチュエーションは鈴鹿央士さんの現在とリンクしますね!

こんなイケメン高校生、本当にいるんですね^^

演技力は、、、暖かく見守りたい、という気持ちになる演技!と表現してみました。

初の映画出演となる「蜜蜂と遠雷」で鈴鹿央士さんが演じるのはどんな役になるんでしょうか?

 

映画「蜜蜂と遠雷」で鈴鹿央士さんが演じる風間塵はどんな役?

「蜜蜂と遠雷」は、音楽コンクールに出場する4人のピアニストにスポットを当てた物語です。

鈴鹿央士さんが演じるのは「風間塵」というコンテストの出場経験がないものの天才的な演奏をする16歳の青年を演じます。

鈴鹿央士さんは、現在19歳なので、実年齢より年下の役を演じるんですね。

鈴鹿央士さんの顔立ちなら16歳でも全然違和感ないです!イケメンですがどちらかというと童顔なのかもしれないですね。

 

「野性的な演奏」と表現される風間塵のピアノ演奏やキャラクターを鈴鹿央士さんがどう演じるのか楽しみです!

映画の中のピアノの演奏は吹き替えで、プロのピアニストが担当しています。

鈴鹿央士さんが演じる「風間塵」のピアノ演奏は、20歳の藤田真央さんが担当。「真央」という名前ですが男性です。

最新の受賞歴は2019年「チャイコフスキー国際コンクールでピアノ部門2位!

藤田真央さんのピアノと鈴鹿央士さんの演奏の演技が一体となって初めて「風間塵」の演奏が出来上がるんですね!

>>映画「蜜蜂と遠雷」ピアノ吹き替え演奏者まとめ!経歴と受賞歴も!

 

まとめ

映画「蜜蜂と遠雷」の風間塵を演じる鈴鹿央士さんの演技は未知数です!

これまでの出演作品は、映画1本と岡山県のPR動画出演なので、映画初出演となる「蜜蜂と遠雷」を楽しみに見たいです!

あんまりいろいろと気にしているとストーリーが頭に入ってこないので、演奏も演技も映画の中で自然な形で溶け込んでいるといいなと思います。

映画「蜜蜂と遠雷」を楽しむなら、あんまり気にしすぎてはいけないような気もしてきました。

このあたりで鈴鹿央士さんについての気になることを締めたいと思います!

お読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください