ZIP朝ドラマ【サヨウナラのその前に】21話感想ネタバレ!プロポーズは成功?

ZIP朝ドラマ

日テレ朝の情報番組「ZIP!(ジップ)」で放送中

朝ドラマ「サヨウナラのその前に」第21話は、喫茶店 店主 金島陽子3月31日の物語でした。

物語も21話を含めて残すところあと3話、「地球最後の日」に何をする?

まずは金島陽子さんからスタート!

 

ZIP!朝ドラマ「サヨウナラのその前に」21話を見た感想

朝ドラマ「サヨウナラのその前に」第21話は、喫茶店 店主 金島陽子さんの3月31日の物語でした。

ラスト近くなり、ドラマの日にちとリアルな日時とリンクはしなくなったようです。

3月31日、地球最後の日、陽子さんは「タイミングが悪い」のか、子供が生まれる瞬間となりました。

側には子供の父親である雄一も一緒でした^^

陽子さんがいつも言っていた「タイミングが悪い」とは、捉え方次第でプラスに変わるもの、ということを改めて思ったお話でした^^

「当たり前じゃないから忘れられない」瞬間になり、「今がある」のは「タイミング悪い」と感じた過去があったから。

前向きに考えられる、ステキな気持ちをもらったようで嬉しくなる内容でした!

陽子と雄一はこれから、もっと幸せになるんだと思っています!

 

スポンサーリンク

ZIP!朝ドラマ「サヨウナラのその前に」21話ネタバレ!タイミングの悪さは良いこと?

【21話 登場人物】

  • 金島陽子:真木よう子
  • 橘雄一:梶裕貴
  • ともこ(医師):横内亜弓

 

本日の主人公:金島陽子

3月31日 午後7時51分

 

病院の廊下を1人の白衣を着た女性を雄一が呼び止めます。

「陽子はどう?」

「今は落ち着いてるよ」

親しい仲が伺えるような会話をする二人、

「ひとりでお産なんて初めてだから、準備したいけどいい?」

と、走り去ろうとする医師を呼び止め「ともこ!ほんとにありがとう」と雄一は言いました。

「命の誕生を迎えて最後を迎えられるなら、それはそれで医者冥利につきるでしょ」

生き生きとした顔を見せるともこ、その直後に胸ポケットのアラームが鳴り「ほいきたー!」とナースコールを確認するともこさん。

「じゃ頼んだぞ」と言う雄一に「何いってんの?あんたも行くのよ!」と走り出します。

「え?」と信じられない顔の雄一。

 

出産の瞬間を迎えようとしている病院の一室

苦しそうな陽子の側で「頑張れ」と声をかける雄一。

ともこは妊婦の陽子に声をかけ、そして雄一に的確に指示を飛ばします。

 

出産の最中、陽子は思っていました。

[私の人生は本当にタイミングが悪い

出産という人生の一大イベントは、地球滅亡の危機という世界の一大イベントと同日開催された

だが、壮絶なる出来事の最中、ふとこんなことを思ってしまった

私の人生は本当にタイミングが悪かったのかと

いつも私を悩ませた呪いのような雨は、いつの間にか彼との大切な思い出に変わっていた

会社が倒産しなければ、一生夢の喫茶店を開くこともなかったはずだ

そして、この隕石騒動がなければ、私は果たしてこの子を産む決意をしたのだろうか

そして、彼の大切さを心から感じることができたのか

その時はとても暗い出来事も、いつか見方を変えれば

それは明るい今へのきっかけだったとも言える

そんな私らしくないポジティブな考えをくれたのは

間違いなく今まさに生まれようとするこの子だった」

 

産声をあげる赤ちゃんの声

「はい、頑張りました~」と、医師の声がしました。

「おめでとうございま~す」と陽子と雄一に声をかけます。

無事に赤ちゃんが生まれ、穏やかな顔の陽子、雄一も満面の笑顔でいました。

 

出産後、ベッドにいる陽子へ飲み物をもってきた雄一

「今新生児室見てきたわ。なんかね~、完全にイケメンになる予感しかなかった」

と、嬉しそう。

男の子が生まれたんですね^^

それを聞いた陽子は「親バカ最速レコードじゃん」と笑います。

 

出産のときを振り返る雄一、「男は役に立たない」は本当なんだとしみじみした声で陽子に伝えます。

そんな雄一に「あなたはいてくれるだけでいいのよ」と穏やかな声で言いました。

「いろんなことがあって、こんなことも言えるようになりました」と嬉しそうな陽子。

雄一は急に立ち上がるとポケットから小さな四角い箱を取り出しました。

「どのタイミングで言うのが一番いいのか、ずっと迷ってたんだけど、今だと思ったから。

俺と結婚してください」

小さな四角い箱を陽子に差し出し頭を下げる雄一を見て、両手で顔を覆って笑い出す陽子に「なんだよ」と驚く雄一

「これがベストタイミング?」と笑っています。

「うん」という雄一に「だって、喫茶店のときとか、他に色々あったでしょ」

「余計なことして陽子と赤ちゃんに負担かけちゃいけないなと思って」という雄一

「すごいね、すごいタイミングの悪さ」と笑いが止まらない陽子さんw

「や、それは陽子の専売特許だろ」と雄一。

 

陽子は嬉しそうに雄一に話をします。

「でもタイミングが悪いっていいね

当たり前じゃないから、一生記憶に残る

私このプロポーズ、一生忘れない

忘れられないよ」

 

「私ひとりで喫茶店やってるときにさ、よく想像していたことがあって

店を開ける準備をしてると、眠たそうな顔をした子供がおりてきて、

私が作ったたまごサンドをみて『またこれ~』とか言いながらぶーたれた顔してんの

そしたら、奥からなんかバカみたいなテンションのあなたが「おはよ~!」っておりてきてたまごサンド食べるの

私はそれを見て、朝淹れたてのコーヒーを飲んで、それで思うの

あ~、生きててよかったな~って」

 

主題歌、流れます!

 

雄一は陽子の話しを涙ぐみながら聞いていました。

「最高だな」と言う雄一に、「最高でしょ」と嬉しそうな陽子、雄一が持っていた四角い箱を開け、指輪を見つめます。

雄一は陽子の左手の薬指に指輪をはめました。

「これからも、ずっとよろしくな」といいました。

陽子は笑ったまま何も言わないので「え?いんだよな?」とちょっと不安な声の雄一さんw

 

陽子は

「雄一、私今人生で一番幸せかもしれない」

と、嬉しそうに笑っていました^^

そして雄一へ「ありがとう」と言いました。

サヨウナラのその前に

、、、命を誕生させた

      喫茶店主

 

まとめ

ZIP!朝ドラマ「サヨウナラのその前に」21話の感想などまとめました。

喫茶店の店主 金島陽子さんのラスト回となりました!

陽子さんの芯の強さ、物語を通してずっと感じていたのですが、雄一さんが側にいることで「陽子」がさらに「陽子」らしく変わっていったところが面白く感じました^^

3月31日、ふたりは幸せな気持ちを感じて過ごしたんだなと嬉しくなりました。

「地球最後の日」は本当に訪れたのかは描かれていないんで、まだあと2回、どんな展開になるのか見守りたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください