ZIP朝ドラマ【サヨウナラのその前に】7話の感想ネタバレ!仲直りできた?

ZIP朝ドラマ

日テレ朝の情報番組「ZIP!(ジップ)」で放送中

朝ドラマ「サヨウナラのその前に」第7話は、水曜日の主人公 観月未希の第2回目!

前日、幼なじみの椿木宙をささいなことで怒らせてしまった未希、二人は仲直りができるのか!?

朝ドラマ「サヨウナラのその前に」第7話の感想をまとめました。

 

ZIP!朝ドラマ「サヨウナラのその前に」7話の感想

「サヨウナラのその前に」第7話は、水曜日の主人公 観月未希ちゃんを軸にしたお話の第2回目でした。

ですが、視点というか語り手は木曜日の主人公 渡会実がしていましたね。

今回の7話でわかったことは渡会実は、未希と宙の担任の先生だったということ!

第7話までわからなかったというところも何だかすごいです。

それよりも、ケンカというか、宙を怒らせてしまった未希はどうなってしまうのか?!というところが一番気になるところ!

そこで登場したのが、渡会先生と喫茶店のお姉さん金島陽子さん。

二人が結託して(?)未希と宙を喫茶店で鉢合わせさせるという、とってもおせっかいなことをやってしまうんですが、そこはまあいいんじゃないかなと思いましたw

 

宙は前日の未希の言葉に相当傷ついたんですね。

未希を見るなりすごく怒ってしまいました^^;

そんな宙よりもさらに怒った未希ちゃん、後半には宙のほうがタジタジしてしまう展開に、結局は未希ちゃん強し!とも思ってしまいました!

 

宙のことばかり考えてしまって自分のペースではいられないことにイライラする未希ちゃん、それが恋愛なんですけどもね。

振り回されるのは嫌だと言いながらも、宙と仲直りしたいという気持ちを爆発させる未希ちゃんの泣いている姿はとても可愛かったです^^

 

宙は宙で、自分をわかってくれていたと思っていた未希のたった一言が許せなかったのだけど、話くらいは聞いてあげてよ、と見ている方は思ってしまいました。

未希ちゃんは宙を怒らせてしまった理由をちゃんとわかっていて、謝ろうとしているのに。

そして逆に宙は未希ちゃんが怒っていたこと、理解できたんでしょうか^^;

きっと世界で一番宙のことを気にかけている人は未希ちゃんなんだと思うので、そこは隕石衝突の日までには気づいてほしいなと思いました。

 

とにかく、宙と未希のやり取りがとても良かった!

宙と未希を演じている奥平大兼くん、南沙良ちゃんの演技が本当に光った回だったとも思います!

今後も幼なじみの二人の関係を見守っていかねば!

おせっかいかもしれないけど、未希ちゃん、告白することは無駄ではないですから!

 

スポンサーリンク

ZIP!朝ドラマ「サヨウナラのその前に」7話ネタバレ!登場人物

【7話 登場人物】

  • 観月未希(水曜日 主人公):南沙良
  • 椿木宙(火曜日 主人公):奥平大兼
  • 渡会実(木曜日 主人公):北村一輝
  • 金島陽子(金曜日 主人公):真木よう子
  • 女子生徒(学校回想シーン):比留間七星

 

【第7話】3月9日 水曜日 第2回目

本日の主人公:観月未希(みづきみき)

 

3月8日

「こんにちは」

渡会実が喫茶店「メイヨーエン」へ入ると、観月未希が泣いている姿が目に飛び込んできました。

驚いた渡会実は、店主の金島陽子を見ると「この前きてた宙くんとケンカしちゃって、、、」と。

朝から来店していた未希は5,6時間泣きっぱなしだと渡会実に心配されます。

これ以上話をしたくないと思ったのか、未希はテーブルに千円札を置いて店を出ていきました。

 

渡会実は、自分のクラスの生徒 観月未希が泣いている姿を見るのはこれで3回目、と未希のことを思い返し始めます。

 

最初の涙は、2年前の高校の入学式(4月8日)のこと。

誰もいない廊下で泣きながら電話をする未希は「ありえないんだけど!あいつが!宙が同じ学校にいるの!」と。

怒ったような言い方だったにも関わらず、渡会実は未希の顔は嬉しそうにも見えてもいました。

 

入学式の当日に見た泣いていた女子生徒は、実際に接してみると冷静沈着で勉強のできる優秀な子。

授業の息抜きにと関係ない話を始めようなら眉間にシワをよせて授業を続けて、と表情で語る生徒だった未希。

 

2度目の涙は、1年前の4月6日のこと。

「付き合ってください」宙が女子生徒に告白されているところを未希が見ていたとき。

このとき、宙に思いを寄せていると渡会実は感じたのでした。

 

現在、渡会実は誰もいない職員室の机にあるかつての卒業生からの寄せ書きの色紙を眺めています。

今日、また涙を流す未希をみて渡会実は「余計なおせっかい」を計画します。

 

3月9日

未希は慌てたように喫茶店「メイヨーエン」に入ってきました。

「すみません!お会計いくら足りませんでしたか?」

すると、店の中には渡会実と椿木宙が先客で来ていました。

店主の陽子さんは「ごめんね、なんか私の勘違いで、、、」と未希に言っているところ、宙は未希を見てそして渡会先生をにらみます。

宙の表情からは「先生、仕組みやがったな」的な言葉が聞こえましたw

宙くん、頭の回転が早そうなのですぐに気づいてしまったんですね。

 

「や、ケンカしたって聞いてさ、そんな場合じゃないだろ!地球が滅亡するかもしれないだろ!」

一回ちゃんと話そう

そう言っても宙は怒ったまま。

「やだよ!おれ、レッテル貼られるのが一番キライなの!こんな俺のこと可哀相とか思ってるやつと話したくないの!」

と、話す気なし。。。

 

それまで入り口でジッと佇んでいた未希、小さくため息をつくと

「いい加減にしてよ」と静かに言います。

ここから未希ちゃんの怒りが爆発!

日頃の宙への不満と気持ちと自分がイライラしていることをすべてぶちまけます!

 

『もういい加減にしてよ!なんであんたにいつも振り回されなきゃいけないの?!

ほんとバカみたい!ほんとムカつく!意味わかんない!

こうなるのが嫌で、めちゃめちゃ勉強してわざわざ地元から離れた楽興を受験したのに!

校門くぐったら「おう!お前もここ?」って当たり前みたいな挨拶してきて!』

 

ここで宙くん、未希ちゃんの勢いに押されながら一応返事をします。

「いや、俺だって訳あってあの学校、、、」

と言っても「知らないよ!そんなの知りたくない!」と、、、もう未希ちゃん聞いてくれません^^;

 

『わたしは、もっと冷静で、色んなことを慎重に無難に生きていくはずなの!

なのに、昨日も家帰って何度もあんた宛のメッセージ書いては消して、直しては消して、それでも結局、下書きボックス、アホみたいにメッセージの山が溜まっただけで、、

てか、今どきLINEもインスタもやってないとか意味分かんないから!

ほんと全部腹立つ!全部ムカつく!

なのに何で、、、、何で私ずっとあんたと仲直りすることばっかり考えてるの、、、』

 

言葉は収まったものの、感情が追いつかないのか未希は静かに涙を流しています。

そんな未希をただ見つめることしかできない宙、やっと出た言葉は

「俺だって、べつに」と、小さな声でいったのですが、

 

未希:帰って!

宙:え?

未希:いいから帰って!

宙:だって俺まだ会計とかしてないし

未希:それは先生がやるから

渡会実:え?

未希:いいからそのまま何も言わずに帰って!

 

宙は戸惑いながら未希の言う通り店の外へ出ようとします。

 

未希:それで約束して!明日からはまたバカみたいに笑って話して

 

宙:やってみるよ

 

まだ戸惑った表情ですが、宙はなんとか返事をした感じでしたw

最初に怒っていたのは宙だったのに、最終的には未希の勢いに押されてしまいました!

このふたりの関係性、なんだか面白いなと思いました^^

 

店を出ていく宙の顔を未希は一瞬見つめます。

そして店を出ていく宙。

ここで主題歌流れます!今回もいいタイミングです^^

>>ZIP『サヨウナラのその前に』主題歌タイトルは?歌ってるのは誰?

 

ここまで渡会先生、陽子さん、大人二人は静かに見守ってくれてました。

「なんかごめんな」と先生。

未希はここまで気持ちを吐き出したことで吹っ切れたのか、宙への気持ちを渡会先生に打ち明けます。

「さすがに気づいたかな、、、先生はわかってるんでしょ、その、あいつに対してのアレ的な想い。。。」

「うん、まあ」と笑う渡会先生。

「でもあいつは気づいてないだろうな」と続けていいます。

「ほんとバカだよね。でもそのバカに10年以上片思いしてる自分が一番バカだけど」と自嘲する未希ちゃん。

「いやいやいや、俺なんて20年以上も待ってる人にまだ期待してるんだから!もっとバカだぞ!」と先生の返事。

きっとこの「20年以上待っている人」とは、第3話でもあった職員室の寄せ書きの人なんですね。どんな人なのかなと気になりますね。

>>ZIP『サヨウナラのその前に』3話の感想!渡会実が生徒とした約束とは?

 

「あの頃は」こうして生徒ひとりひとりに余計なお世話をしていたことを思い出した

と渡会実は思い返しています。

あの頃とは20年前のこと??いつのことだろうか、、、

 

宙に告白しないのか?と未希に聞くと

「や、もうずぐ地球が終わるかもしれないし、告白するなんて無駄の極みでしょ」と未希。

 

隕石がなければ、こんな疲れること二度としなくても済んだのに、と、自分の生徒の気持ちに寄り添いながら渡会実は思うのでした。

 

宙との一件が落ち着いて、席につく渡会先生と未希。

生徒と先生とのやり取りを眺めながら、店主の金島陽子は最近まで「最悪な客」と思っていた渡会実が「心優しき人」だったことに気づきます。

ほぼ毎日のように喫茶店を訪れる常連客の渡会実が一度だけ怒った姿を見たことがありました。

隕石到着まで

あと、、、、22日

だがそれをまだ誰も信じてはいない

 

まとめ

ZIP!朝ドラマ「サヨウナラのその前に」第7話の感想をまとめました。

宙と未希は一応仲直りしたという感じなのかな^^;

渡会先生の余計なお世話、とっても良かったと思いましたが高校生からすると、ウザって感じなんでしょうかね。

だけど、地球が終わるかもしれない世界、一瞬一瞬が大切な時間なのだと思うと、些細な誤解でも後悔をしないように話をすることって大事なことだと思いました。

宙と未希の今後の展開も気になりますし、心優しき渡会先生が怒った姿っていったいいつ?何があったのか第8話も気になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください